職人の単価ってどうやって決めたらいいの?

現在の施工単価には満足していますか? 相場なども考えると、都会では20000円程度。 地方では15000円程度が相場のようですが、少しでも単価は高くしたいものです 職種によって単価は変わる まず単価を決める要因の一つが、…

続きを読む

【選び方】職人の腰袋メーカー5選

腰袋は職人にとっての相棒とも言えます。 腰袋にはさまざまな種類があって、みんなにとって1番いい腰袋っていうのは存在ましません。 工具を入れたり、ネジを入れておいたり。 ここでは腰袋の選び方と、代表的なメーカーをご紹介しま…

続きを読む

一人親方を現場に入れるときに必要な再下請通知書について

一人親方を現場に入れる会社、親方様から質問されることが多いことのひとつに「再下請通知書」があります。 再下請通知書とは、施工体制台帳を作成する際に必要になる書類の一つで、一次下請会社以下の下請契約を元請会社に報告するため…

続きを読む

職人の転職はどうしたらいい?

職人が転職をする際、どんな選択肢があるのでしょうか 選択肢は2つ用意されていて、どこかの会社に雇われるか、もしくは一人親方として独立するかです。 もしくは職人をやめて、一般職で働くのもアリですね。 それぞれの方法について…

続きを読む

一人親方の仕事探し 職人マッチングはつかえるのか?徹底解説!

一人親方にとって、大きな悩みの一つである、仕事の安定供給。仕事が多い時は多いですが、どうしても暇な時期はある。 こんなとき「職人捜しアプリ」「職人アプリ」「職人マッチングアプリ」と言われているマッチングアプリでその一人親…

続きを読む

一人親方が知っておくべき建設職人基本法とは

一人親方を守る為に建設職人基本法ができました。一人親方としてこの法律を知っておくと、元請けとの交渉ごとなどで有利になれるはずです。 法律のことをすべて知っておく必要はありませんが、概要程度を覚えておいて、元請との取引でお…

続きを読む

フルハーネス型安全帯 特別講習を受講されたい一人親方様へ

  一人親方様から、「フルハーネス型安全帯の講習をどこで受けたらいいのか」という質問を聞かれるようになってきました。 フルハーネス型安全帯は、厚生労働省の「第13次労働災害防止計画」で、建設業の労働災害の防止の…

続きを読む

一人親方労災保険 損保ジャパン等の民間保険がダメな理由

一人親方労災保険は国の保険です。建設現場で求められているのは国の保険と補償です。損保ジャパン等の民間の保険商品では代用できないのです。 一人親方様の中には、民間の「損保ジャパン等の保険に入っているから大丈夫」と考えている…

続きを読む

一人親方労災保険 メンテナンス業は加入できる?

「メンテナンス業は、一人親方労災保険に加入できますか?」という質問をよく聞きます。 ビルメンテナンス業には、建設業に該当する下請業者が不可欠です。メンテナンス業そのものは建設業ではありませんが、メンテナンス業は多くの建設…

続きを読む

一人親方労災保険 ハウスクリーニングは加入できる?

「ハウスクリーニングは、一人親方労災保険に加入できますか?」という質問をよく聞きます。 建設業には美装工事、家洗工事という分野があり、言葉としてハウスクリーニングと混同されているのが現状です。単なるお掃除屋さんでは建設業…

続きを読む

ページトップへ戻る