東京都で頼りになる一人親方労災保険 厚生労働大臣承認

一人親方の労災保険

東京都にお住まいの一人親方様、また現場が都内にある一人親方様で、一人親方労災保険をどこに頼むかお悩みの方、埼玉労災一人親方部会がお力になれます。

埼玉労災一人親方部会の加入地域は関東全域

名前は「埼玉労災」でも加入可能地域は関東全域です。東京都の一人親方様にも多数ご加入戴いています。

関東全域

政治色なし!集会なし!集金なし!高額な組合費なし!

日本全国、どこで事故を起こしても安心して労災保険が使えます。埼玉労災一人親方部会は特定のゼネコン、ハウスメーカーの下請団体ではありません。また、特定の政党、宗教団体とも関係がありません。労災も建設国保も取り扱っていて、なおかつ労働組合系ではない団体です。

実はそういう団体は非常に少なく、おそらく東京都で真面目に探してもなかなか見つからないと思います。

さらに、東京都の一人親方様に、

特典

東京都の一人親方様が埼玉労災一人親方部会にご加入されますと建設国保も別途組合費なし、保険料のみで加入できる特典がございます。

東京都各地から加入できる 頼りになる一人親方労災保険
厚生労働大臣承認

厚生労働省

埼玉労災一人親方部会では、東京都にお住まいの一人親方さまがご加入いただけます。

埼玉労災一人親方部会では、遠方の一人親方様のためにWebまたはFAXでカンタンに一人親方労災保険のお申し込みが出来ます。

加入しやすい毎月払い

お財布

「年払い」のほか、クレジットカードがあれば「毎月払い」で加入できます。月単位なので、年度途中の脱退もカンタンです。東京都の一人親方さんの財布にとっても優しい加入スタイルです。

初回8,800円 翌月以降4,980円

下記、フォームからもカンタンにお申し込みできます。

生年月日(必須)
西暦


※丁目・番地・建物名等をご入力ください。


※↑現時点で問題がない方はチェックを入れてください


※ご希望の支払方法を選択してください。

東京都の都市再開発情報

東京では2000年代より老朽オフィスビル等の新陳代謝が進んでおり、丸の内・大手町・汐留・豊洲・品川など多くのエリアで再開発が行われました。現在も大規模な再開発が無数に進行中です。また選手村や新国立競技場など、2020年の東京オリンピック関連の再開発も着々と進行しています。

現在300mを超えるビルは大阪の「あべのハルカス」のみで、横浜ランドマークタワーが300mを僅かに下回りますが、東京ではそれらを超える超高層ビルが2棟計画されています。高さ390mの「常盤橋再開発B棟」は2027年度竣工予定、高さ330mの「虎ノ門・麻布台地区 A街区」は2022年度竣工予定と完成するのはまだ先になりますが、どちらも東京の景観を大きく変えるランドマークとなりそうです。

都内では様々な地区で再開発が進行中ですが、中でも東京駅周辺(丸の内・大手町・八重洲・日本橋等)エリアと虎ノ門・赤坂・神谷町周辺エリアに再開発案件が密集しています。どちらのエリアもすでに高密度な超高層ビル街が形成されていますが、東京のCBDとしてさらなる発展を遂げていきそうです。東京都イラスト

都内各地域にお住まいの方、または都内に現場がある方

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村、小笠原村

埼玉労災一人親方部会

一人親方の労災保険なら埼玉労災へ→https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る