一人親方労災保険 メンテナンス業は加入できる?

ビルメンテナンス

「メンテナンス業は、一人親方労災保険に加入できますか?」という質問をよく聞きます。

ビルメンテナンス業には、建設業に該当する下請業者が不可欠です。メンテナンス業そのものは建設業ではありませんが、メンテナンス業は多くの建設業の協力業者を必要とする業界です。

請け負っている仕事が建設業に該当し、個人事業主(一人親方)であれば、当然、一人親方労災保険にご加入できます。

あるビルメンテナンス会社の協力業者募集を見てみよう

それでは、実存するある会社の協力業者募集の内容をご覧ください。

・電気工事  電気工事全般 都内及び近県の業者の方
・空調設備  冷・暖切り替え 修理オンコール対応 都内及び近県の業者の方
・給排水設備  ポンプ交換 修理オンコール対応 都内及び近県の業者の方
・ビル管理技術者  個人請負の方
・ビル清掃  日常清掃パート派遣 床定期清掃 カーペット・家具洗浄
・特殊建築物定期調査  個人請負の方または、都内及び近県の業者の方専門業者
・建築設備定期検査  個人請負の方または、都内及び近県の業者の方専門業者
・営繕工事一式

どうでしょうか。たくさんの建設業該当職種が含まれているのがわかります。

参考 公益社団法人全国ビルメンテナンス協会

メンテナンス業の人が労災保険に入りたいわけ

メンテナンス業をしている方が一人親方労災保険に加入したい理由はなんでしょうか。

一見、ビルメンテナンス業には、それほど危険を伴う作業があるように思えませんが、実際には多くの建設関係業者が係わっていて、安全配慮義務の観点から、ビルメンテナンス会社から、協力業者に労災保険に加入するように言われるためです。

ビルメンテナンスの仕事には、建設業の協力業者が不可欠です。したがって、ビルメンテナンス会社から請け負っている仕事が建設業の仕事であれば、当然、一人親方労災保険に加入しても法的に問題がないと思われます。

ビルメンテナンス

建設業に該当しない職種は中小企業事業主の特別加入へ

一方、ビル管理技術者やビル清掃など建設業に該当しない職種の個人請負の方は、建設業の一人親方の労災保険には加入できません。どうしても労災保険に加入したい方は中小企業事業主の労災保険に特別加入する必要があります。

ビルメンテナンス業は建設業ではないため、労災事故が発生しても下請業者の面倒は見ません。もし個人請負だとなんの補償もありません。高所作業の清掃、脚立を使用しての作業等、建設業の職種でなくても危険性はあるように思います。

無理に加入するとどうなるか?

一人親方労災保険に加入しても、労災事故が起きて、労災保険の請求をした場合、労働基準監督署に実際の仕事内容を聞かれ、建設業ではないと判断されると労災保険の給付がなされない場合があります。

中小企業事業主の労災保険特別加入をお勧めいたします。

迷ったら埼玉労災へ

メンテナンス業の方が一人親方労災に加入したい場合、労災保険特別加入団体によっては「メンテナンス業」という言葉だけで判断して加入を断ることがあるようです。

しかし、埼玉労災一人親方部会では、実際にご加入希望者がなさっている作業内容、元請がどんなところか詳細にお聞きして、事実上、行っている仕事内容、作業が建設業であって一人親方(個人事業主)と見做すことが出来ればご加入することが出来ます。

もし他の労災保険特別加入団体で断られても、埼玉労災一人親方部会では門前払いをしたりはしません。ご相談者様に、丁寧に作業内容をお伺いいたします。

一人親方労災保険 メンテナンス業のまとめ

メンテナンス業業者でもビル清掃などの方は、建設業の一人親方には該当しないため一人親方労災保険に加入することは出来ません。しかし、実際の業務が建設業の職種に該当する方はご加入することが出来ます。

作業の内容により判断が分かれますので、一人親方労災保険に加入したい場合は、労災保険特別加入団体によく業務内容を説明しましょう。

埼玉労災一人親方部会

ビルメンテナンス業の加入可否の相談、一人親方の労災保険なら埼玉労災へ→https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る