一人親方労災保険は義務か?

一人親方労災保険について、加入しなくてはいけない「義務なのですか?」と聞かれることがあります。義務とは法律上または道徳上、人や団体がしなくてはならないこと、またぱしてはならないことを言います。一人親方労災保険について、法律的に言えば、義務ではなくて逆に権利なのです。

一人親方労災保険について、それは義務なのかと尋ねてくる人は、たぶん仕事先の元請会社に、「労災保険に入らないと現場に入れないよ」と言われた人だと思います。自分はこれまで現場でケガをしたこともないし、ケガをしない自信もあれば、つい、そのように思ってしまうのは仕方がないことのように思います。

そのように考える一人親方は、労災保険が必要と言われた現場だけ、短期間のみ労災保険に加入しようとします。

一人親方労災保険は、一人親方の権利、特権

労災保険(労働者災害補償保険)は、会社などに雇用された人が適用される法律です。雇用されない一人親方は実は労災保険の適用を受けられないのです。労災保険は非常に手厚い補償のある保険で、ケガの治療費はもちろんのこと、障害が残った場合の一時金、年金、死亡した場合の遺族への一時金、年金と、労災事故に遭った本人、家族にとってなくてはならないものです。

本来、会社に雇用されている人しか適用されないものを、特別に一人親方にも適用できるようにしようと言うことから出来た制度なのです。「特別加入」という言葉は、特別に入ってもいいよという意味です。

もともと特別加入制度は、一人親方の義務として制度化されたものではなく権利として作られたものなのですよ。

保険料は雇用されている人は、全額、会社や雇用している人の負担ですが、一人親方の場合は、誰にも雇用されていないので、一人親方自身が支払うことになります。

労災保険は少ない保険料で、実は凄い保障内容!

現場で、頭ごなしに「労災保険に入らないと現場に入れないよ」と言われた人は、保険料等の負担が発生しますので、ついお金の負担だけを考えてしまいます。また民間の傷害保険とかに加入している人は、それで代用できないのか?と考えたりします。

ハッキリ言いますね。民間の保険では、まったく代用になりません。

労災保険は一時的なケガの治療費だけではなく、生涯に渡って補償を受けることが出来る保険です。民間の保険ではそのようなものはありません。被災した本人に障害が残ったり、死んでしまって遺族がいたら、その遺族が死ぬまで年金を払うのです。こんな保険は民間の保険会社ではあり得ません。

もし、民間の保険会社で政府の労災保険と同じ内容のものを商品化したらおそらくとんでもない高額な保険料になるでしょう。

もし、ちゃんと労災保険のことがわかっていたら、あなたの家族の人も労災保険に入ってもらいたい!と思うはずです。

元請会社には、安全に対する義務がある

一人親方労災保険は、一人親方が法律上加入しなくてはならない義務はありません。言ってみれば、入りたい人だけ入ればいい保険です。任意の保険です。しかし、一人親方に仕事を発注する元請には、万が一、現場で重大な事故があった場合、被災した者に対する安全配慮義務があります。

「なぜ、無保険の者を確認せず現場に入れたのだ?」と非難され、また責任を取らされる場合もあるのです。

昨今では、国土交通省が元請会社に、建設現場で働く人がその人の立場に適切な保険に加入しているか否かチェックするように強力に指導しています。

一人親方労災保険は、一人親方の特権、ぜひ加入しよう!

たまに、労災保険に加入していなかった人やその家族から、労災事故の相談を受けたりします。もし、その一人親方の実態が、一人親方ではなく労働者に近ければ、元請会社を相手取って裁判を起こせば、賠償を勝ち取ることが出来るかも知れません。しかし、裁判には多額の弁護士費用と数年の長い時間が必要で、現実的ではありません。

たまに労働災害を扱う弁護士のホームページを見たりすると、労災保険に加入しなくても大丈夫みたいに受け取られかねない内容のものがあります。元請相手に裁判することが、被災者のためになるとは到底思えません。裁判費用をどうするの? 解決まで何年かかるの?こういう観点はまったく欠けた内容です。

労災保険の特別加入はわずかな掛け金で大きな補償が得られる、一人親方様の権利であり、特権でもあるのです。

本当は労災保険の短期加入とかはお勧めしません!

これまで書いてきたとおり、一人親方労災保険は、一人親方にとっては権利、特権であって義務ではないのです。インターネットの中では、比較的、安価に加入できるからと言って、短期でも労災保険に入れますよという宣伝が横行しています。そんな宣伝を本気でやっているヤツは一人親方の人生のコトなんて実はなんにも考えていないのですよ。

埼玉労災一人親方部会にも「3ヶ月だけ」とか酷い場合は数日だけ、つまり仕事に入る現場だけ必要と考えている一人親方からの問合せが増えています。埼玉労災一人親方部会でもそのような要望に応じざるを得ないので仕方なく対応しているのが本音なのです。

たまたま普段は建設以外の仕事をしているという人が頼まれて、現場に入るというなら理解は出来ますが、普通に建設業の一人親方を生業としている方なら、この機会にぜひ考えを改めて欲しいものです。

なぜなら労災事故は予防しても、発生は予期できないからです。ケガをしたいと思ってケガをする人なんていません。

事故はいつも突然やって来るからです。

一人親方労災保険は義務か? についてのまとめ

一人親方労災保険は法律的には義務ではありません。元請の安全配慮義務から現場に入る際に労災保険に特別加入していること、加入することを求められ、確認されます。

政府の労災保険は手厚い補償があり民間の保険会社の保険商品では代貸できません。労災保険に加入するメリットよりも加入しないデメリットの方が大きいのです。つまり一人親方労災保険は一人親方にとって義務ではなく、権利、特権です。

労災事故は不意に発生します。いざというときに一人親方、またその家族を強力に支えることが出来るので、建設業に従事する者のマナー、最低限の常識と考えてほしいものです。

 

 

一人親方の労災保険のご加入のお問い合わせはこちら

埼玉労災一人親方部会 https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る