一人親方労災保険 経費

一人親方労災保険 経費

一人親方の労災保険料は経費にはなりません。

仕事に関係するお金なのに経費にならないの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし安心してください。

社会保険料控除を受けられるので、課税されることはありません。

労災保険料は通常は法定福利費

一般的に労災保険料は法定福利費という勘定科目に分類され、経費として計上されることになっています。

しかし一人親方の場合は特殊で、そもそも個人事業主は労災保険に加入できないため、法定福利費として計上できないことになっています。

なぜかというと労災保険の特例によって、特別加入という形で労災保険に加入できているだけなので、税法上は経費にならないんですね。

一人親方の生命保険や、医療保険などは経費になりませんよね?

それと同じ要領で、労災保険料は経費には該当しません。

「事業主貸」として処理をして計上します。

一人親方の労災保険料は社会保険料控除

ただし心配は無用です。

経費として計上はできませんが、確定申告時に所得控除として社会保険料の控除が受けられます。

要するに、課税はされないということ。

しかも労災保険量は、生命保険や損害保険と違って領収証などは必要ありません。

組合費や部費は「諸会費」として計上します。これは経費として計上されますのでご安心ください。

一人親方の労災保険料金は経費計上されないけど控除が受けられる

一人親方の労災保険に加入すると経費計上できないことを問題視する方もいらっしゃいますが、実は控除が受けられるので課税されることはなく問題ではありません。

部会費や組合費などについても、諸会費として計上できるので、全て課税されることはありませんのでご安心ください。

損害保険料や法定福利費に計上したらどうなる?

上記に書いたとおり、厳密に言えば一人親方労災保険料は社会保険料控除となり、労災保険特別加入団体の会費は諸会費になります。

ほとんどの一人親方はそのような認識をしていないので、計上する科目を間違えてしまいますが、結局のところ、間違えて経費計上してしまっても税額は変わりません。また、そのような間違いを税務署に指摘されて修正申告しなくてはならないこともないでしょう。

 

埼玉労災一人親方部会

 

一人親方の労災保険なら埼玉労災へ→https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る