内装仕上工事業の一人親方の年収や重要な資格、そして仕事内容は!?

内装工事仕上工事業の1人親方とはどんな仕事なのでしょうか。

建築物を作る上で、構造や床と天井だけでは生活できませんし、店舗や社屋としても使えません。

そこに内装仕上が入ることで、住宅や会社、工場や商業施設になります。

内装仕上工事業は一人親方にとって、どんな仕事なのか、その年収と年収アップ方法は?そして内装仕上工事業の一人親方にとってのメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

内装仕上工事業の一人親方ってどんな仕事?

内装仕上工事業は、石膏ボード、木材、壁紙(クロス)、ビニール床タイル、カーペット、ふすま、フローリング等の材料を使い、建築物の内装仕上を行う建設業です。

部屋の中の機能を実現するための工事であったり、住宅であれば室内で快適に過ごすには内装仕上が欠かせません。

外からの音を遮断したり、断熱も内装仕上の仕事。もちろん見た目も大切です。

内装工事なので、重労働などはないように思うかもしれませんが、内装パネルなどを建物内に運び込まなければなりません。とても重労働でかつ、建設中の内装を潰さないように注意する必要もあります。

しかも目に見える部分なので繊細な仕事も求められます。

ただし一人前になれるまでの期間は短く、一人親方として独立しやすい職業と言えるでしょう

内装仕上工事業の年収は?

内装仕上工事業の年収の平均は400万円(2018年度)です。

建設業界の平均年収よりは少し高く、日本人の平均年収よりは低い。

年齢ごとに月給に換算すると

  • 20代 20.2万円/月
  • 30代 25.3万円/月
  • 40代 33.2万円/月

という具合で年齢によって月収はあがっていく傾向です。他の建設業と比べると、そして20代でも少し高いのですがこれは一人前になれるまでの期間が短いから。

見習い期間が短いため、若くても人並みの給料がもらえるのが特徴です。

一人親方として独立した場合の平均年収は630万円。内装仕上工事だけでは、1000万円を超えるのは少し難しいかもしれません。

年収をあげるためには、リフォームや店舗内装などの元請になる必要があるでしょう。

内装仕上工事業の一人親方が取得すると有利な資格

内装仕上工事業で一人親方が取得すると有利なし資格は

  • 内装仕上技能士
  • 建築施工管理技士

の2つです。

共に国家資格であり、内装仕上技能士は1級〜3級存在し、内装仕上施工管理士は1級と2級があります。

内装仕上施工管理士は一人親方にとって必要な資格ではありませんが、将来的に会社を大きくし元請として会社を経営していくには必要な資格です。

内装仕上技能士

内装仕上技能士は技能検定試験の1つで国家資格です。

内装仕上工事業で一人親方として働くのに必要な資格はありません。この資格がなくても仕事は受けられますし、内装仕上工事業を営むのは違法でもありません。

しかし建設業は技能と経験が大切な仕事であり、それを証明するための資格ですので取得しておく方が有利でしょう。

所属していた会社や、知り合いなどからの仕事だけで成り立つのであれば、あなたの技能を知っているため、技能士資格がなくても問題ありませんが、新たな仕事を取ってくるのに有効です。

一人親方として働くには、仕事のスキルや熟練度も必要ですが、営業能力も必要です。

そして受験資格は級によって異なっています。

  • 1級 7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
  • 2級 実務経験2年以上、または3級合格者
  • 3級 不問

このように最短でも4年の実務経験が必要であり、試験も簡単ではないため持っておくと名刺にも箔がつく資格です。

仕事をとってくる力を後押しするために、説得力のためにも取得しておくことをおすすめします。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は一定以上の規模の内装仕上工事にて、専任技術者や主任技術者になるための資格です。

ですから一般的に一人親方には必要のない資格です。

しかしもし将来的に、元請として仕事を受けて会社を大きくしたいと思っているのなら、若いうちに取得しておくことをおすすめします。最低でも2級は必要で、、大きな仕事をとるためには1級も必要だと思っておきましょう。

大手ゼネコンなどでも1級建築施工管理技士は、施工管理のスペシャリストとして扱われ、資格手当なども多く、一気に年収があがる資格です。

学歴によって、受験資格も異なりますが実務経験さえあれば、中卒でも1級の取得が可能です。

・1級建築施工管理技士の受験資格

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合
    • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
    • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
    • 上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験
    • 二級建築士試験合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
    • その他の者は14年以上の実務経験
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合
    • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
    • その他の者は13年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験

https://www.ecc-jp.com/w/kentiku01.htmlより引用

2級建築施工管理技士を取得してからも、さらに実務経験が必要で国家資格でもあり、毎年の合格率は20%以下の難関資格です。

もし組織化して元請になった場合、大きな仕事を取るためには必要な資格です。もちろん有資格者を採用することもできますが、給与が高いためできることなら自分で取得しておくといいでしょう。

・2級建築施工管理技士の受験資格
  • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
  • その他の者は8年以上の実務経験

大学の指定学科を卒業していれば、実務経験1年で受験が可能です。ただ学歴が全くなくても、8年の実務経験で受験が可能です。

元請で会社を大きくしたいなら、まずは2級を取得しましょう。

内装仕上工事業で一人親方として働くメリット

内装仕上工事業のメリットは建物の中での工事だから、雨の日・雪の日関係なく仕事を進めることができます。

建築物があって人が住んだり利用するのなら、必ず内装仕上工事は必要ですので、仕事がなくなることはありません。

現在はオリンピックの需要で、かなり工事数は増えています。

オリンピック後も大阪万博はありますし、IR施設と呼ばれるカジノの建設予定もある。それによって内装工事は必要ですし、そのような大きな事業で街ができるので、そこに住まう人の住宅やショッピングセンターも必要です。

そこには内装仕上工事が必ず発生するので、これからも忙しいでしょう。

内装仕上工事業はこれからもとても忙しい

新築の工事の他にも、老朽化した内装や、ライフスタイルに合わせてリフォームする家も多くなるでしょう。

さらに不動産業界ではリノベーションなども流行っていてますます、仕事は忙しくなっていきます。

組織化して元請になれば年収1000万円も超えられる

建設業では一人親方として独立すれば、年収はあがるのですが、内装仕上工事業では年収の上がり幅が少ないです。

これは一人前になるまでが早いため、一人親方が多いという部分が影響していると考えられます。

さらに年収をあげるのであれば、組織化する必要があるでしょう。リフォームや店舗内装の施工や、不動産業界と組んでリノベーションなどの需要を、会社に取り込んで仕事をこなしていく必要があります。

これには技能や経験はもちろん営業力や人脈も必要になってきます。

内装仕上工事業のデメリット

内装仕上工事業のデメリットは、会社員でも一人親方でも年収が上がりにくい点です。

資格をとるか一人親方になればある程度の年収にはなりますが、1000万円の壁は大きいでしょう。人を雇い組織化かして、さらに元請になる必要もあるかもしれません。

内装仕上工事業の一人親方のまとめ

内装仕上工事業は想像よりハードで、パネルや資材の搬入などは非常に重労働です。そのうえ見える部分、触る部分の工事ですので、作業の繊細さも求められます。

年収は建設業の中では高めです。しかし高収入の方も少ないようで、それ以上を目指すには組織化が必要です。

 

一人親方の労災の特別加入についてはこちら↓
一人親方労災 特別加入制度

一人親方の保険の考え方について↓
一人親方が加入すべき生命保険

ページトップへ戻る