土木工事業の一人親方の年収や仕事内容は!?

土木工事業で一人親方の年収は、建設業においても低い方です。ただし資格をもっていればかなり優遇される職種だと言えます。

土木工事業がどのような仕事で、どのような資格があれば年収をあげられるのか。

そして仕事のメリットやデメリットについてもかいていきます。

土木工事業の年収は?

土木工事業の一人親方の年収、この平均値は376万円です。

一般的なサラリーマンの平均年収より低いです。ただしあくまでも平均であって、車両関係やクレーンなどの資格をもっていれば年収は一気にあがります。

とくに土木施工管理技師資格があれば、1000万円超えの年収も夢ではありません。

土木工事業の仕事内容

土木工事業の仕事内容は多くの範囲の仕事になります。

工事の内容も多くあって、わかりやすいもので言えば

  • 道路工事
  • 河川工事
  • 港湾工事
  • 下水道工事
  • ダム工事

などがあります。

このように道路やダム、河川や港湾関係の仕事が多い。インフラと呼ばれる日本人が生活する上で必要なものを建設している業界と言えます。

住宅より必要な建設業です。なぜなら道路がないところに住宅はできないからです。そしてダムや河川工事で洪水の心配が少ない場所でなければ人間は住めません。

そもそも上下水道がなければ住宅があっても、人間は生活できません。

このように人間が生きるうえで住宅より必要なインフラを作っている建設業が土木工業だと言えます。要するに、日本が国として機能するために絶対に必要で、なくならない安心できる職業だと言えるでしょう。

一人親方としても常に仕事に困ることなく、これから長くやっていける仕事です。

土木工事業の資格

土木工事業で働くのに資格は必要ありません。

基本的に土木工事を請け負っている会社に就職をすれば、資格なしで働けます。採用されるのも難しくはないでしょう。必要なのは挨拶がしっかりできて、礼儀ができること。

あとは仕事の中で覚えていけばいいだけです。

そして一人親方になるのもそこまで難しくはないでしょう。

中小企業の土木工事業の会社に入社して、一通り仕事を覚えれば、そのあとは独立さえすれば一人親方として仕事を請けられます。

土木工事業の中にいるのはとても簡単です。

ただし年収をあげていくには、資格が重要になっていきます。

  • ショベルカー
  • ホイールローダー
  • モーターグレーダー

や、大型車両や大型特殊車両などの車輌関係の免許免許があるといいでしょう。

その他にも玉掛けと呼ばれる、材料をクレーンで吊る作業や操作ができ資格があると年収アップが見込めます。

将来への不安がある場合は資格をとって大手企業に入社

土木工事業として働いていくのに不安がある場合は、企業に入社できるような国家資格をとって大手企業に入社するという方法もあります。

土木施工管理技士資格という国家資格があり、簡単な資格ではありませんが、この資格があれば低学歴であっても一流企業に入社して、現場監督になれます。

現場監督になれば一般的な土木作業員とは別の仕事につけますので、興味があれば難関試験ではありますが挑戦してみましょう。

土木施工管理技師資格について

土木施工管理技師資格は1級と2級があり、1級が上位の資格です。新卒でなく一流企業に入るためには、1級が必要だと言えるでしょう。

ただし1級の合格率は20%程度。年によっては10%切るほどの難関試験です。

受験資格について

土木施工管理技師資格は誰でも受けられる試験ではありません。

土木関係の学科や学校を卒業していない限り、実務経験が必要です。

1級の受験資格

  • 1年以上の指導監督的実務経験年数
    • 大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
    • 大学の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6か月以上の実務経験
    • 上記以外の者は15年以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で5年以上の者は合格後、5年以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、9年以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、10年6か月以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者はその他で14年以上の実務経験
  • 専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年以上の者は合格後、1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、7年以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、8年6か月以上の実務経験
    • 2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者はその他で12年以上の実務経験
    • 上記以外の者は高等学校の指定学科を卒業後、8年以上の実務経験
    • 上記以外の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、11年以上の実務経験
    • 上記以外の者はその他で13年以上の実務経験

このように1級をとるには大学や専門学校で指定学科の卒業か、もしくは2級土木管理技術検定資格をもっている必要があります。

2級の受験資格

  • 大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業後、1年6か月以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験
  • 上記以外の者は8年以上の実務経験

2級も大学または高専の指定学科を卒業の必要がありますが、8年以上の実務経験があれば受験が可能です。

もし専門課程を通らずに、社会人として土木に携わっているとすれば、まずは実務経験を積み2級を取得する。

2級を取得して転職し、さらに実務経験を積み1級を取得する。

簡単ではありませんが、実現できれば年収はグッとあがります。

土木工事業で一人親方として働くメリット

土木工事業で一人親方として働くメリットは仕事がなくならないことです。

土木工事業はインフラです。作るものは道やダム、河川工事や上下水道。生活の基本、街のシステムです。土木工事をしなければ街は生まれませんし、修繕をしなければ街は廃れます。

公共事業として国からお金が出ているため、不況でも必ず仕事があり、むしろ不況になった場合に、国は公共事業に多額の予算を投入するため仕事が増えるぐらいです。

土木工事業とはそれほど安定した大きな仕事であり、国が施主なので安心して働けます。絶対に仕事がなくならない建設業だと言えるでしょう。

「もう道もダムも作らなくていいんじゃない?」という意見がありそうです。実際のところ、これから新しく作る道などは少ないかもしれません。

しかしこれからは修繕が必要です。

日本の道は高度成長期に作られたものが多い。ダムも水道も港もすべてもう古くなっています。

築地市場から豊洲市場にうつったのもその一貫でしょう。公共事業として新たな建設がなくとも、街が生きている限り必要な仕事が土木工事業。

だから食いっぱぐれることがない。これが最大のメリットです。

土木工事業はこれからもとても忙しい

2020年に東京オリンピックがあるため、現在の建設業界はとても大忙しです。土木工事業も同じく、東京オリンピックの需要がとても関係しています。

では東京オリンピックが終わったら仕事がなくなるのでしょうか?

そんなことはありません。まずは大阪万博がありますし、IR事業だってあります。

IR事業とはカジノを含めた娯楽施設のことで、日本各地での建設が予定されています。カジノができればそこにホテルや働く人の住宅ができる。ようするに街ができていく。そこにはかならず土木工事が必要です。

東京オリンピックに頼らずとも、土木工事業はこれからも忙しいことに変わりはありません。

資格をとれば年収1000万円も超えられる

資格のところでも書きましたが、年収をあげたいのであれば資格取得という方法があります。

簡単な資格ではありませんが、取得をすれば確実に転職にいい方向で働く。土木工事業にはこういった選択肢があるというメリットが存在します。

土木工事業のデメリット

土木工事業のデメリットは体力的にきついことです。

外での作業が多く、夏の炎天下でも作業しますし、冬の雪が積もる中でも作業をします。

仕事内容も体力仕事。決して楽な仕事ではありません。若いころはよかったとしても歳を重ねると難しい仕事かもしれません。

そして資格がなければ年収は高くなりにくいというデメリットもあります。

年収をあげるためには、車両関係やクレーンの玉掛けなどの資格を取らなければなりません。そして大幅な年収アップのためには現場監督になれる資格が必要です。

簡単には元請になれない

一人親方として独立して、会社を作り大きくしていくというキャリアも建設業にはありますが、土木工事業の場合はそれも難しいでしょう。

なぜなら工事の規模が大きくて、簡単には元請になりにくい事業だからです。

建設業では元請になればリスクも背負いますが、大きく利益をあげられます。しかし土木工事では会社をかなり大きくしなければ元請になれない。これも土木工事業で一人親方として働くデメリットになります。

土木工事業の一人親方のまとめ

土木工事業は国の公共事業のため仕事がなくならず、どんな時代でも食いっぱぐれがない。ですから一人親方でも収入が安定しています。

仕事は現場もほとんどが野外であるため、体力的にきついというデメリットもあります。

年収は平均値はそれほど高くなく、年収をあげるには資格が必要です。

一人親方の労災保険のご相談は埼玉労災一人親方部会へ

https://www.saitama631.com/

 

ページトップへ戻る