塗装工事業の一人親方の年収や重要な資格、そして仕事内容は!?

塗装工事業の1人親方とはどんな仕事なのでしょうか。

外壁塗装は建物を守るために必要不可欠ですし、道路工事や構造を守るためにも塗装は必要です。

塗装工事業は一人親方にとって、どんな仕事なのか、その年収と年収アップ方法は?そして塗装工事業の一人親方にとってのメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

塗装工事業の一人親方ってどんな仕事?

塗装工事業とは、工作物に対し塗料を塗りつけたり、貼り付ける工事をする業種です。

具体的な例として、塗装工事、溶射工事、ライニング工事、布張り仕上工事、鋼構造物塗装工事、路面標示工事などがあります。

建築物だけでなく、道路や自動車への塗装も塗装工事業の1つです。

塗装工事業の年収は?

塗装工事業の求人の年収の平均は310万円(2018年度)です。

あくまでも平均値ですが、他の建設業と比べると少なく、日本人の平均年収よりも低いと言えます。

年齢ごとに月給に換算すると

  • 20代 19.2万円/月
  • 30代 23.4万円/月
  • 40代 30.2万円/月

という具合で年齢によって月収はあがっていく傾向です。年齢により独立する方は増えるのと、技術や経験のために日当が増えていくためです。

これに対し、塗装工の一人親方の平均年収は522万円。

やはり独立をすればリスクはあるけれど年収があげられることは、他の業種とも変わりません。

そして他にも塗装技能士や施工管理技士などの資格を取得しておけば、年収をあげられるでしょう。

塗装工事業の一人親方が取得すると有利な資格

一人親方の塗装工事業が取得しておくと有利な資格は

  • 塗装技能士
  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士

の3つです。

それぞれ国家資格であり、最上級資格はそこまで簡単に取得できる資格ではありませんが、建築業で塗装工の一人親方をするのなら、取得しておくと仕事の幅が広がり有利になる資格です。

塗装工の一人親方として仕事をしていくのであれば、塗装工としての腕をあげる他に、どのようにして仕事をとってくるか、これも課題になります。

その上で名刺に書ける資格は重要です。

難しい資格でなくとも、資格がある人かない人かで、仕事の依頼の量は変わります。施工管理技士などであれば現場に専任として配置する必要がある資格のためなくてはならない存在になれます

塗装技能士

さらに塗装技能士資格は塗装工をする上で必ずしも必要な資格ではありません。しかし塗装工は技術や経験が大切な職業です。

あなたのことを知っている人からのみ、仕事の依頼をもらうのであれば、わざわざ資格を取得する必要はないでしょう。しかし取引先を広げていく、もしくは孫請けになるなどした場合、ある程度の技術を持ち合わせている証明にもなります

名刺などにも堂々とかける資格のため、仕事を取ってくるために必要な資格と言えるでしょう。塗装技能士には

  • 1級:実務経験7年以上
  • 2級:実務経験2年以上
  • 3級:実務経験6ヶ月以上

があり、それぞれ試験の受験資格が異なります。

1級であれば実務経験が7年必要ですので、技術とともに経験を証明する資格と言えるでしょう。

塗装の対象によって種類があり

  • 木工塗装作業
  • 建築塗装作業
  • 金属塗装作業
  • 噴霧塗装作業
  • 鋼橋塗装作業

の5つの種類に資格がわかれています。

試験内容は学科試験と実技試験の2科目です。

一人親方であれば、仕事を取るためにも1級の取得しておくことをおすすめします。

参照:全国技能士連合会

土木施工管理技士・建築施工管理技士

土木成功管理技士と建築施工管理技士は、塗装工事の専任技術者になれる資格です。

2級と1級がありますが、1級技術責任者にもなれる重要な資格であり、この資格があれば転職しようとした時でもすぐに転職先がみつかりますし、一人親方として現場に立つことができなくなっても現場責任者として働けるため、将来への選択肢は大きく増えることになります。

この資格だけで年収はかなりあがります。

1級の合格率は20%以下であり、かなり難関な国家資格で、試験の受験資格についても相応の学歴もしくは実務経験が必要です。

・1級建築施工管理技士の受験資格

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合
    • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
    • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
    • 上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験
    • 二級建築士試験合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
    • その他の者は14年以上の実務経験
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合
    • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
    • その他の者は13年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験

https://www.ecc-jp.com/w/kentiku01.htmlより引用

2級建築施工管理技士を取得してからも、さらに実務経験が必要な国家資格です。

塗装工として建築物の塗装に携わるなら、建築施工管理技士。道路工事に携わるなら土木施工管理技士を取得することになります。

・2級建築施工管理技士の受験資格
  • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
  • その他の者は8年以上の実務経験

大学の指定学科を卒業していれば、実務経験1年で受験が可能で、そうでなくても最低限8年の実務経験があれば学歴は関係ありません。

塗装工事業で一人親方として働くメリット

塗装工事業として働くメリットは、なくならない仕事だということです。

建築物であれば外壁塗装や内壁塗装、タイル貼りなどは建築物を守る上で欠かせないものです。もし新素材がでてきたとしてもそれを貼るのは塗装工の仕事。

建物が建てられるかぎり仕事はなくなりません。

それに外壁塗装などであれば、耐用年数は10年程度。もちろんその耐用年数で毎回塗装しなおす一般家庭は少ないですが、さすがに老朽化してきている住宅は多く、リフォームの案件なども増えてくる。

そして道路の塗装工であれば、道路作りや修復などは公共事業です。税金をもとに道路は作られますし、絶対になくならない事業です。もうすでに日本中に道路はありますが、それでも新しい道はできますし、老朽化した道路の修繕も必要です。

不景気になったとしても、まずお金が使われるのは道路などの公共事業です。仕事の量は安定している職業でしょう。

塗装工事業はこれからもとても忙しい

現在は建設業界はオリンピック需要にも支えられ、仕事が多いはずですがオリンピックが終わった後の日本の建設業界はどうなるでしょうか?

実は全く心配の必要はありません。なぜなら大阪万博やIR施設があるからです。まず大阪万博の工事やその周辺の公共設備の需要がありますし。そこには働く人たちの住宅もできますし、需要はたくさんあります。

同じようにIR施設も建設予定が大阪と横浜にもあり、建設業の需要は間違いなくあるでしょう。

人口現象の影響もうけますが、公共事業もあるため建設業は影響をうけにくいといえるでしょう。

組織化して年収1000万円も超えられる

もし年収をあげたければ、組織化して親方になりましょう。そうすれば年収1000万円やそれ以上も狙えます。

塗装工の場合は日当制が多く、どれだけコンスタントに仕事をもらえるかが大切です。

従業員に給料を払い続けるのは簡単ではありませんが、その分成功した時の利益は大きいです

塗装工事業のデメリット

塗装工事業のデメリットは、単価が少し安いところです。

勤め人の場合でも一人親方でも、建設業界の平均と比べても低めです。

体力的に辛い部分はありますが、高所作業などは少ないため、怪我のリスクは少ないと言えるでしょう。

そして防水などに関わる仕事の場合は、賠償のリスクなどもあり、工事の賠償保険などに加入する必要も出てくるでしょう。その場合に引き受けしてくれない場合もあるので、いくつかの保険会社をあたる必要もあるかもしれません。

塗装工事業の一人親方のまとめ

塗装工事業は一般的な建設業と比べて年収は低め。

年収をあげるには資格取得と一人親方であれば営業スキルも必要です。

キャリアアップのためには塗装技能士や建築施工管理技士などの資格が必要でしょう。

塗装工事業といっても、自動車から建築物や道路まであります。その対象物によって、働き方や給料もまるで違いますので、選ぶ塗装業によってもスキルも変わります。

 

一人親方の労災の特別加入についてはこちら↓
一人親方労災 特別加入制度

一人親方の保険の考え方について↓
一人親方が加入すべき生命保険

ページトップへ戻る