建築工事業の一人親方労災保険 そして年収や仕事内容は!?

職人

建築工事業の一人親方労災保険は埼玉労災におまかせください。多数の一人親方様に労災保険のご加入を戴いています。

今回は建築工事業の一人親方について書いていきます。

建築工事業は一人親方にとって、どんな仕事なのか、その年収と年収アップ方法は?そして建築工事業の一人親方にとってのメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

建築工事業の一人親方ってどんな仕事?

まず建築工事業というと、少しややこしい名称です。

言うなれば建物を建設する工事業種はすべて、建築工事業に含まれると思うかもしれません。

しかし実際には違って、建築工事業というのは、あくまでも建物を建築するために、建築する計画を立てて専門工事業者に依頼して管理して、建物を完成させる工事業種です。

いわゆる元請けという仕事ですね。

ですから建築工事業とは、戸建て住宅の建築はもちろん、高層ビルの建設の元請けも含めて建築工事業に当てはまると言うことです。

ただ実際に一人親方などの、小規模事業者が受けるのは一戸建ての建設ですから、大工さんや左官、内装工事、電気、管工事、塗装などの専門業者を手配しつつ、施主と話し合いをしながら戸建てを建てていく工事業者だと言えるでしょう。

ですから一人親方が最初から建設工事業になることはほぼなく、例えば大工さんや内装工事や管工事などの、専門職を経て元請けとして組織化していく際に、建築工事業となっていくというキャリアプランです。

建築工事業の年収は?

建築工事業の年収の平均は520万円(2018年度)です。

他の建設業と比べると、少しだけ高く、日本人の平均年収と比べても少し高い数字です。

あくまでもこれは平均年収であり、年齢が低く年数が短い場合は給料も低いですし。一人前になり独立して一人親方になれば、一人親方の大工の平均年収は800万円程度になっていて、一気に年収があがります。

年齢による、会社にお勤めの大工の平均月収を見てみると

  • 20代 18.2万円/月
  • 30代 28.3万円/月
  • 40代 39.2万円/月

という具合で年齢によって月収はあがっていく傾向です。

一人親方になった場合はもう少し高く、年齢に関係なく年収で1200万円前後.

というのも元請けになるので、比較的大きな仕事をまわしていきますので、年収も高くなるようです。

建築工事業の一人親方が取得すると有利な資格

建築工事業で取得すると有利な資格は

  • 建築大工技能士
  • 建築施工管理技士

の2つ。両方ともに国家資格であり、建築大工技能士は1~3級。建築施工管理技士は1~2級があります。

建築大工技能士については必須ではありませんが、基本的に戸建ての建設を請けることが多いので、大工とての技能を持って、その上で元請になれるルートを探すと、建設工事業で有利に運べると思います。

建築施工管理技士は元請になるなら必須の資格です。

というのも、工事請負金額が1000万円以上になる建物を請ける際には建築業許可が必要なのですが、その許可を受けるにはこの資格が必要となります。

建築大工技能士

建築大工技能士は技能検定制度の1つです。

この資格がなくても大工として働くことはできますが、大工として元請になるまで、働く上で資格をもっておくと仕事を受けやすくなります。

この資格は大工としての技術や経験を証明ができる資格です。

仕事仲間やもともとの勤め先からの仕事の依頼だけでやっていくのであれば、あなたの技能を知っている人ばかりなので必要はないかもしれません。

しかし他の施主や元請さんから仕事をいただこうと思うと、一定の技能を持っている証として、この資格は準備しておく必要があります。

そして受験資格も級によって異なっています。

  • 1級 7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
  • 2級 実務経験2年以上、または3級合格者
  • 3級 不問

となっており、1級には実務経験の長さも必要です。特に1級は大工という仕事において、一人前である証となる資格です。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は、国土交通省管轄の施工管理技士の1つ。

規模が大きい建築施工の現場には、主任技術者や監理技術者を配置の義務がありますが、建築施工管理技士はその有資格者となります。

戸建てであっても請負金額が大きい場合は必要な資格です。

大手ゼネコンなどでも1級建築施工管理技士は、施工管理のスペシャリストとして扱われ、資格手当なども多く、一気に年収があがる資格です。

学歴によって、受験資格も異なりますが実務経験さえあれば、中卒でも1級の取得が可能です。

・1級建築施工管理技士の受験資格

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合
    • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
    • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
    • 上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験
    • 二級建築士試験合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
    • その他の者は14年以上の実務経験
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合
    • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
    • その他の者は13年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験

https://www.ecc-jp.com/w/kentiku01.htmlより作成しています。

2級建築施工管理技士を取得してからも実務経験が必要で国家資格でもあり、毎年の合格率は20%以下の難関資格です。

この資格さえもっていれば、年収アップは間違いがないでしょう。

・2級建築施工管理技士の受験資格
  • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
  • その他の者は8年以上の実務経験

大学の指定学科を卒業していれば、実務経験1年で受験が可能です。

ただ学歴が全くなくても、8年の実務経験で受験が可能です。

1級の受験資格は、どなたでも取得できるので、建設業にて将来が不安な場合は、資格取得をして、大手もしくは中堅のゼネコンなどの就職などを考えて見てもいいかもしれません。

建築工事業で一人親方として働くメリット

建築工事業で働くメリットは、他業種と比べて年収が高いこと。

そして現場にたたなくて良くなることです。

元請としてメインの仕事は施主との打ち合わせや、職人さとの打ち合わせに仕事が変わっていく。そしたら現場に立たずに売上を建てていくことも可能です。

もちろん現場が好きな方はたってもいいかもしれませんが、立たなくてもいいという選択肢があるといいですよね。

いつ怪我をして現場に立てなくなるか分からないですし、歳を取った時も辛いかもしれません。

建築工事業はこれからもとても忙しい

これからも仕事はあるのかというと、間違いなくあります。

なぜなら日本人の夢の一つが一戸建てを立てることだからですね。

自分の家を建てるには、建築工事業の出番です。もちろん大手ハウスメーカーさんで建てられるかたも多いでしょうけど、それでもこだわりの家を立てるなら、建築家と工務店におねがいしなければいけません。

人口は減っても、それは大工も減ると言うことなので、一人当たりの仕事量は変わりません。

ですからこれからも仕事がなくなることはないでしょう。

組織化して元請になれば年収1000万円も超えられる

年収をあげたいのであれば組織化することをお勧めします。

職人さんを雇ったり、営業を雇ったりしながら、人に仕事をまか せていくと年収はおおきくなっていくでしょう。

元請なので組織化するおとは当然ですが自分はできるだけ現場にたたずに経営者としての仕事を進めていくのが理想です。

建築工事業のデメリット

デメリットはとくにないのですが、あるとすれば現場に建てなくなること。職人としての仕事が好きな人の場合は現場にたてなくなるのは苦痛かもしれません。

建築工事業の労災事故事例

建築工事業では日々の中で労災事故に繋がる危険性があります。

どんな事故に気をつけるべきか、ここでは労災事故事例について触れます。

マンション建設現場で荷を吊り上げようとしたクライミングクレーンが転倒、倒壊

15階建てマンション建設現場で、吊り上げ荷重10.6トンのクライミングクレーンを用い、約900kgの鉄板を、ジブ角度60度で吊り上げ、右旋回していたところ、突然、吊り荷と逆方向にクレーン本体が傾き、そのままクレーンが転倒、倒壊した。
クレーン運転士は、運転席とともに落下し、倒壊した衝撃で胸部を骨折し、倒壊した旋回台が走行中のトラックに激突して運転手が受傷し、倒壊したジブが付近の集合住宅の屋根やベランダを破損し、住民2人が受傷した。

木造平屋住宅の建築工事において、尾垂木(おだるき)の取付け作業中に屋根の梁もしくは桁から墜落

この災害は、木造平屋の屋根の下地の尾垂木(おだるき)(軒先に向かって反りがある垂木(たるき))の取り付け作業中に発生したものである。
災害が発生した当日、作業は前日に引き続き屋根の下地組作業を作業者4人で分担して行うこととした。
作業者2名は建物の北東隅で屋根の尾垂木(おだるき)の取り付け作業、他の1名は玄関部分の屋根で垂木(たるき)の取り付け作業を行い、被災者は単独で、建物の南東隅の和室上部の屋根で上側の尾垂木(おだるき)の取り付けを行っていた。
午前10時頃に40分程度の休憩をとった後、作業を再開して間もなく被災者は高さ5.5mの梁または桁から和室の土間のコンクリートの上に墜落したものである。
被災者が墜落するところを目撃した者はいないが、墜落した場所に加工途中でノミがささった尾垂木(おだるき)が落ちていたことから、被災者は取り付け予定の尾垂木(おだるき)(長さ3.12m 12×16cm角)を持って梁または桁の上にあがり、ノミを用いて取り付けるため加工していたものとみられる。
作業にあたっては、足場や作業床がないため被災者は、梁や桁を作業の足場として使用していたもので身体のバランスを崩して墜落したものと見られる。
被災者は、保護帽を着用していたが墜落時に脱げたものとみられ、被災者の近くの土間で発見された。

建築工事業の一人親方のまとめ

建設工事業とは施主と打ち合わせをしつつ、職人を取りまとめる元請のこと。

一人親方が目指すのは、戸建ての元請などの仕事でしょう。

その上で建築業許可は必須ですし、現場に立たなくなる覚悟もしておいたほうがいいいかもしれません

その分年収は高く、数千万円を目指せる仕事の一つです。

一人親方の労災の特別加入についてはこちら↓
一人親方労災 特別加入制度

一人親方の保険の考え方について↓
一人親方が加入すべき生命保険

一人親方の労災保険のご加入のお問い合わせはこちら

埼玉労災一人親方部会 https://www.saitama631.com/

 

ページトップへ戻る