電気工事の一人親方労災保険 そして年収や仕事内容は!?

電気工事

電気工事業の一人親方労災保険は埼玉労災におまかせください。多数の電気工事の一人親方様に労災保険のご加入を戴いています。

電気工事とは、送電線などの電気工作物の工事を行う仕事のこと。

電気工事業は一人親方にとって、どんな仕事なのか、その年収と年収アップ方法は?そして電気工事業の一人親方にとってのメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

電気工事業の一人親方ってどんな仕事?

電気工事業とは送電線や配電盤、伝統や電力機器などを建設する工事のこと。

電気工事には専門資格である電気工事士でないと、仕事をうけることができません。電気工事士でないとできない仕事は電気工事士法施行規則第2条で定められています。

  • 電線相互の接続、配線器具への電線の接続、600V超過の電気機器への電線の接続
  • 電線の碍子への取り付け、取り外し
  • 電線、配線器具、配電盤の造営材への取り付け、取り外し
  • 電線管などへの電線の通線
  • 電線管の曲げ、ねじ切り、接続
  • 金属製のボックスの造営材への取り付け、取り外し
  • 電線、電線管などが造営材を貫通する部分への金属製の防護装置の取り付け、取り外し
  • 金属製の電線管などのメタルラス張り、ワイヤラス張り、金属板張り部分への取り付け、取り外し
  • 接地工事

となっておりこういった仕事のことを、電気工事と呼ぶと法律によって定められています。

ただし一言に電気工事といっても、電気を扱えば電気工事なのかというと、そんなことはありません。

電気工事から外されるとされている軽微な工事があります。これは電気工事士法施行令第1条で定められていて。

  • 600V以下のプラグなどの接続器またはナイフスイッチなどの開閉器に、コードまたはキャブタイヤケーブルを接続する工事
  • 600V以下の配線器具を除く電気機器または蓄電池の端子に、電線(コード、キャブタイヤケーブル、およびケーブルを含む)を接続する工事
  • 600V以下の電力量計、電流制限器、またはフューズを取り付け、取り外す工事
  • 二次電圧が36V以下の小型変圧器の二次側の配線工事
  • 電線を支持する柱、腕木などを設置、変更する工事
  • 地中電線用の暗渠、管を設置、変更する工事

と決められています。このような仕事であれば電気工事士の資格を持っていなくても、従事できます。

要するに簡単に言えば、電圧の高い電気を扱う電気機器の工事は、資格が必要です。ということですね。

例えば家庭用電源の電圧は100Vです。他にも大容量のエアコンなど、高い電圧が必要な家電がある場合は200Vが自宅に引かれている場合もありますが、高くても200Vということ。

そして電気工事で扱うのは、600V以上。どのくらい大きい電圧かわかるかと思います。

600Vという電圧は人間の命を奪うのに十分すぎる電圧ですね。ですから命の危険とともにある工事だと言えます。

電気工事業の年収は?

電気工事業の平均年収は420万円。

建設業全体の平均と少し高くて、日本人の平均年収と同程度です。

あくまでも平均年収です。見習いであっても電気工事業ではある程度の収入が期待できます。

年齢による、会社にお勤めの大工さんの平均月収を見てみると

  • 20代 22.2万円/月
  • 30代 28.4万円/月
  • 40代 38.9万円/月

という具合で、20代でも他の建設業に比べると高く、年齢によって月収はあがっていく傾向です。

一人親方になった場合はもう少し高く、年収で800万円前後で、一人親方を卒業して職人を数人雇うようになれば年収1000万円も可能です。

電気工事

電気工事業の一人親方が取得すると有利な資格

電気工事業の一人親方が取得すべき資格は

  • 電気主任技術者
  • 電気工事士
  • 認定電気工事従事者
  • 電気工事施工管理技士
  • 特種電気工事資格者

など多くの資格があります。

ただし全てを取得する必要はありません。自分が今行なっている工事に役立つ資格や、これから伸びてくるであろう、手を広げたいと思っている資格を取得するといいでしょう。

電気主任技術者

電機主任技術者資格とは事業用の電気工作物の工事や、維持管理における責任者をするための資格です。

事業所の規模によって、第1種から第3種にわかれます。電験とも呼ばれている資格です。

受験資格はどの種別においても、制限はなく、実務経験も必要ありません。

電気工事士

電気工事士とは戸建住宅・商業ビル・マンション・工場・公共施設・商業施設などのありとあらゆる建物で、電気を使えるように工事をしたり管理メンテナンスを行う仕事に携わるための資格です。

この資格はとても汎用性が高く、電気を通すための配線やLANケーブルや内線など、電気を扱うあらゆるケーブルの工事ができますので、一人親方でも会社勤めであっても電気工事士の資格を持っている方は多いでしょう。

  • 第1種電気工事士
  • 第2種電気工事士

があり、両方ともに学歴や実務経験などの受験資格もありません。

最初から第1種を受けることもできます。

試験は2種が年2回、1種は年1回行われており、合格率は2種が70%程度。1種は50%程度です。。

電気工事施工管理技士

施工管理技士は一定以上の規模の工事では専任技術者を置く必要があったり、建設業許可をもらおうとすると、常勤での施工管理技士が必要です。

そのため、会社を立ち上げて元請になったり、もしくは勤め人として建設業界でエリートになろうと思うと必要な資格です。

転職などにも非常に役に立つ資格で、年収もかなり上がる資格です。

電気工事の行う際の、専任技術者を行えますので、施工計画や施工図の作成、また工事の工程管理、品質管理、安全管理など工事の施工管理業務を行うことが出来ます。

1級電気工事施工管理技士の受験資格

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合
    • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
    • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
    • その他の者は15年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
    • その他の者は14年以上の実務経験
    • 電気事業法による第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付者は、6年以上の実務経験
    • 電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付者は、0年の実務経験
    • 1級電気工事施工管理技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者
    • 技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気・電子部門または建設部門とするものに合格した者で1級電気工事施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合
    • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
    • その他の者は13年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
    • 2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験
2級電気工事施工管理技士の受験資格
  • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
  • その他の者は8年以上の実務経験
  • 電気事業法による第一種、第二種、第三種電気主任技術者免状の交付者は、1年以上の実務経験
  • 電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付者は、0年の実務経験
  • 電気工事士法による第二種電気工事士免状の交付者は、1年の実務経験
  • 2級電気工事施工管理技技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者
  • 技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気・電子部門または建設部門とするものに合格した者で2級電気工事施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者

以上のリストはhttp://www.fcip-shiken.jp/den1/より作成しています。

1級と2級ともに学歴によって必要な実務経験が異なります。しかし学歴がなくとも、実務経験さえあれば取得できる資格です。

2級をとったあと、実務経験も積んでやっと1級を受験できますが、合格率は20%を切る難関資格であり、新しい資格ですので資格保有者も少ない。そして取得には条件も難しい。

ですから取得すれば、かなり有利になる資格と言えます。

特殊電気工事資格者

特殊電気工事資格者とは事業用のビルや工場などの自家用電気工作物のうち、ネオン工事や非常用予備発電装置工事を行うのに必要な資格です。

一般家庭の工事は電機工事士で行えます。なのでテナントや工場のための資格です。

電機工事士はもちろんのこと、商業施設などでも工事を行う場合は必要になる資格です。

これは仕事で必要なのであれば取りましょう。

電気工事

電気工事業で一人親方として働くメリット

電気工事業のメリットは安定しているという事です。

そして資格がたくさんあるため、資格を持っていれば一人親方としても会社員としても手当てや、請けられる仕事が変わってくるので年収もあがります。

ですから年収を上げるポイントがわかりやすいというメリットがあります。

電気工事業は安定している

建設業全体にも言える事ですが、住宅がなくなることはありませんし、工場や商業施設でもかならず電気は必要です。

コンセントがないと生活なんてできませんよね?

ですから人がいる場所には電気が必要。ということは電気工事が必ず必要なんです。

いつまでもずっと忙しい職種だと言えます。

電気工事業のデメリット

電気工事のデメリットは電気を扱うことです。

電気を扱うことはもちろん当然なのですが、電気は人の命を簡単に奪いますし、怪我を可能性もある。

安全のために準備をすれば問題はありませんが、なんだかんだ言っていくつもの偶然が重なった時に、事故というものは起きます。

建設業では事故はつきものではありますが、そういったデメリットがあるということは知っておきましょう。

電気工事業の労災事故事例

最後に電気通信工事業の労災事故事例を紹介します。

製鉄所のウインチの操作盤の配線作業中に感電し死亡

作業分担は、D~Fの3名がウインチの交換作業を行い、A~Cの3名が配線のための配管用の溝を床に作ることになり、それぞれが直ちに作業に取りかかった。午前11時頃にウインチの交換が終了したので、D~Fの3名は、Aらが行うコンクリート床の「はつり」作業に加わった。昼の休憩を挟んで作業が続けられ、午後2時頃には「はつり」作業が終了したので、6名で操作盤への配線の挿入を行うことになった。作業は、EとFが操作盤を床に固定している脚の内側に配線用のパイプを挿入し、続いて下からパイプに新たな配線を挿入した。

このときAは、B~Dの3名とともに操作盤のパネルを開けてパイプから配線が出てくるか否かを確認していたが、操作盤内を停電せずに行っていたため、操作盤内の端子で露出している充電部にAが接触し感電した。Aは、その後病院に移送されたが死亡した。Aらは、通常時と同じ作業服と軍手で作業を行っており、感電防止のための絶縁用ゴム手袋等の保護具は使用していなかった。

健康ランドの大広間天井裏で配線中に感電

この健康ランドの宴会大広間の入口にはアイスクリームの自動販売機が設置されているが、回路の電気容量が不足しているため度々ブレーカーが作動するので、コンセントを他の容量の大きい回路に接続替えすることになった。

災害発生当日、設備管理担当の被災者は、宴会大広間の利用が終わる午後10時以降に補助者とともにその作業を行うことにし、まず午後10時に配電盤のところの天井板を外して新しく配線する電線を天井裏に入れた。

次いで被災者は、1人で宴会大広間の点検口から天井裏に入って配線、接続の準備を行い、補助者は配電盤のところで脚立に上がって電線の送り出し作業を行った後、配電盤のところの天井板のはめ込みを行った。

その作業終了後、補助者が被災者に声を掛けたが返事がないので、宴会大広間の点検口から天井裏に入って様子を見たところ、被災者が古い電線の先端を、圧着ペンチで両手で挟んで握った形で倒れて感電死していた。

電気工事業の一人親方のまとめ

電気工事業の一人親方は資格によって年収が左右されるという特徴があります。

これは資格さえ取れれば仕事の幅が広がり、年収もあがりますが、スキルだけでは年収が上がりにくいということ。

そして仕事内容は電気を扱う仕事なので、重労働ではありませんが、怪我を負う危険性はあると知っておいた方がいいでしょう。

労災保険には必ず加入しておくことをお勧めします

一人親方の労災の特別加入についてはこちら↓
一人親方労災 特別加入制度

一人親方の保険の考え方について↓
一人親方が加入すべき生命保険

一人親方の労災保険のご加入のお問い合わせはこちら

埼玉労災一人親方部会 https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る