型枠工事一人親方労災保険 そして年収や仕事内容は!?

型枠工事

型枠工事業の一人親方労災保険は埼玉労災におまかせください。多数の型枠工事の一人親方様に労災保険のご加入を戴いています。

型枠工事業は一人親方にとって、どんな仕事なのか、その年収と年収アップ方法は?そして型枠工事業の一人親方にとってのメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

型枠工事業の一人親方ってどんな仕事?

鉄筋コンクリートの建築物を作る際にかならず必要になる工程が型枠工事です。

鉄筋を作って骨組みを作りそこをベニア板で囲み、そこにコンクリートを流し込む。

そうすることで、鉄筋コンクリートの建物はつくられています。

このコンクリートを流し込んで固めるための型枠を作る工事。これが型枠工事です。

壁などの構造物の他にも、木造建築などでも基礎工事には鉄筋コンクリートは使われているので鉄筋工んクリート造でなくても、型枠は必要です。

ですから木造や鉄筋コンクリートなどに関わらず必要になるしごとが型枠工事です。

型枠工事の仕事の種類

型枠工事には、型枠を作る仕事が主な仕事ですが、この他にもコンクリートを打つ工事や、型枠を解体する工事まで含まれます。

そして型枠には、木造のものから金属のかとぁくまで様々あり、その素材によっても仕事の種類は異なりあすます。

たとえば、木造の型枠を組むのは型枠大工の仕事ですので大工工事業。コンクリートをうつ工事は土木コンクリート工事業、そして解体はとびなどに分類されます。

ですから型枠工事には一つの工事ですが、さまざまな業種がかさなってさぎょうしていることになります。

型枠工事の年収は?

型枠工事の平均年収は401万円。

建設業全体の平均と同程度、日本人の平均年収と低めです。

あくまでも平均年収です。どんな工事を行えるかや地域によっても年収は変わるでしょう。

年齢による、会社にお勤めの平均月収を見てみると

20代 23.6万円/月
30代 32.6万円/月
40代 44.2万円/月

という具合で、20代でも他の建設業に比べると高く、年齢によって月収はあがっていく傾向です。

型枠工事業はできる技術によって大きく年収は変わるようです。

一人親方になった場合はもう少し高く、年収で800万円前後で、一人親方を卒業して職人を数人雇うようになれば年収1000万円も可能です。

型枠工事業の一人親方が取得すると有利な資格

型枠工事業における一人親方が取得するのは

  • 型枠施工技能士
  • 型枠支保工の組立て等作業主任者
  • 施工管理技士の資格

の大きく分けて2種類があります。

型枠施工技能士

型枠施工技能士は国家資格である技能検定の一種。

全国の都道府県が実施しておりガラス施工に関する学科と実技試験で合否を行います。

型枠を組み立てるための組立図を作成し、型枠を組み立てる技能を認定する資格で国家資格であり名称独占資格です。

1級と2級資格があり、それぞれ定められた内容の実技試験が行われます。

・1級

作業試験:型起こし台(合板パネル)上に基礎型枠(片側半分のもの)の下ごしらえ及び組立てを行う。試験時間は5時間30分。
ペーパーテスト:躯体図及び仕様等に従い、型枠加工図(下ごしらえ図)に必要な寸法、パイプサポートの位置等について行う。試験時間は2時間。

・2級

型起こし台(合板パネル)上に基礎型枠(片側半分のもの)の下ごしらえ及び組立てを行う。試験時間は5時間30分。

という試験の内容になっています。

この資格がなくても型枠工事業の仕事を行うことは可能です。あくまでも技能を証明するための資格。

ただこの資格がなければ一人親方としてやっては行けないでしょう。

キャリアアップシステムによって、資格や経験が見られるようになりますので、仕事がもらえなくなる未来がくると予想されます。

一人親方にとって建設業キャリアアップシステム登録が必要な理由とは

型枠支保工の組立て等作業主任者

型枠支保工の組立て等作業主任者とは労働安全衛生法に定められた国家資格の1つです。

主任者となるための資格で、型枠支保工の組立てや解体の作業において労働災害を防止する役割を担っています。

試験ではなく、3年以上の実務経験とともに、講習をうければこの資格を取得できます。

施工管理技士

施工管理技士の資格は建設業の許可をとったり、大きい仕事(工事費用が1000万円以上)を請けるためには必要な資格です。

一人親方としては必ず必要なものではありませんが、独占資格ですので潰しが効きますし、会社に所属するにも有利。

さらに会社を大きくして企業として運営していくにも必要な資格。

年収にも大きく関わってくる資格と言えるでしょう。

型枠工事業の場合は土木工事施工管理技士を取得することになります。

1級と2級があり、試験内容も違いますが注意すべきは受験資格で、特に1級はかなりの実務経験が必要になります。

http://www.fcip-shiken.jp/den1/

にも書いているのですが、非常にわかりにくいため、わかりやすくまとめました。

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合
    • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
    • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
    • 上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験
    • 二級建築士試験合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
    • その他の者は14年以上の実務経験
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合
    • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
    • その他の者は13年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験

・2級建築施工管理技士の受験資格

    • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
    • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
    • その他の者は8年以上の実務経験
    • 職業能力開発促進法による技能検定に合格した者

1級と2級ともに学歴によって必要な実務経験が異なります。しかし学歴がなくとも、実務経験さえあれば取得できる資格です。

2級をとったあと、実務経験も積んでやっと1級を受験できますが、合格率は20%を切る難関資格であり、新しい資格ですので資格保有者も少ない。そして取得には条件も難しい。

ですから取得すれば、かなり有利になる資格と言えます。

型枠工事

型枠工事で一人親方として働くメリット

型枠工事で一人親方として働くのは、かなりいつでも仕事があって安定しているというメリットがあります。

鉄筋コンクリート造の建物であればすべての工程で必要ですし、たとえ木造建築であっても基礎としてコンクリートは必要。

建物を立てる際に必ず必要な工事の1つですので、よっぽどの技術革新でもない限り

仕事がなくなる心配がありません

型枠工事で一人親方とそいて働くデメリット

型枠工事のデメリットは体力的にきついところです。

非情に重たいものをあつかいますし、基本的に屋外での作業なので、寒くても炎天下でも仕事です。

体力仕事であることは避けられません。

歳を取る前に組織化をして若い子に仕事を任せるようになっておきたい業種です。

型枠工事の労災事故事例

最後に型枠工事の事故事例を共有させていただきます。

フォークリフトとともに廃材焼却ピット内に転落

この災害は、型枠工事を行うZ社の焼却場において、フォークリフトで廃材を焼却ピットに投入する作業中にフォークリフトとともに焼却ピットに転落し、作業者が死亡したものである。

災害が発生したピットは、建築現場へ搬入する型枠資材の加工の際に発生する屑材や、建築現場より脱型された資材で再利用できない廃材を焼却するためのもので、構造は、地面を深さ2m掘削して表面をコンクリートで固めたものである。

災害発生当日、作業者Aは、型枠資材の廃材を資材置き場からフォークリフトで運搬し、焼却ピットに投入する作業を行っていた。フォークリフトを投入口前に止め、フォークを揺すってフォークに載せた廃材を焼却ピット内に振り落としていたところ、フォークリフトが前に傾き、フォークリフトとともに焼却ピット内へ転落し、死亡した。

フォークリフトが走行中に転倒し、運転者が下敷きになる

この災害は、コンクリート打設用の型枠資材置場の敷地内において、フォークリフトが転倒し、運転者が下敷きになったものである。

事業場は、コンクリートの型枠工事を業とするものであり、宅地造成工事の型枠工事を請け負って作業を行った。

災害発生当日、小型トラッククレーンで午前9時頃現場に到達した被災者ら3名の作業者は数日前から始めた工事現場の型枠解体作業を開始した。午後3時頃、解体作業は終了したので、ベニヤなどの残材の一部をトラッククレーンの荷台に積み込み、会社の資材置場に持ち帰った。

トラッククレーンを入り口近くに止めた被害者は、ヘッドガード付きフォークリフト(最大積載荷重2t 前進走行最高速度19km/h)を使用して、荷卸しを行った。

フォークの爪の部分を使用して荷を卸し、フォークリフトを走行させて少し離れた置き場まで運ぶ作業を4~5回行って作業を終えた後、駐車場に向かった。かなり早い速度で走行していたが、駐車場の手前でブレーキをかけながら右にハンドルを切ったとき、フォークリフトが転倒した。

被災者は、頭部をフォークリフトのヘッドガードを支える鉄枠とコンクリート路面との間に挟まれた。

型枠工事業の一人親方のまとめ

型枠工事業は他の業種と比べて年収が高い業種です。

そして基本的に大工と土木工事の一貫ですが、板金などの仕事の内容もございます。

型枠工事はそれじれの実務経験が得られますし、さらに仕事も安定している。ですから一人親方にも多い職業です。

ただし体力的にもきつい仕事ですし、組織化などは積極的に考えたほうがいいかもしれません。

埼玉労災一人親方部会

 

一人親方の労災保険なら埼玉労災へ→https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る