一人親方が加入すべき保険と保険料を安くする方法

保険料節約

一人親方にとってどんな保険とはどんなものがあるのでしょうか?

一般的な会社員と違って、加入すべき保険が多いのが、個人事業主というものです。

特に建設業の一人親方であれば、怪我の可能性は一般人に比べ低くないため、保険選びも慎重にならざるを得ません。

ただ保険を増やしすぎても出費ばかり増えるだけで、なかなか難しいところです。

今回は一人親方が加入を検討すべき保険の種類とそれをどうやって安く抑えるかについて書いていきます。

一人親方が入るべき保険の種類

まず一人親方が加入すべき保険の種類について触れていきましょう。

  • 生命保険
  • 医療保険
  • 工事保険(賠償保険)
  • 任意労災
  • 労災の特別加入

の5つです。

1つずつみていきましょう。

生命保険

日本人のほとんどが加入している生命保険ですが、もちろん一人親方も、もし結婚をされているのなら加入した方がいいでしょう。

結婚されている場合、保険金はいくら加入すればいいのかというと、あなたがもしなくなっても、家族が露頭に迷わない程度の金額が妥当です。

その金額は3000万円は必要でしょう。

結構1000万円で設定されている人も多いですが、もしあなたがなくなった時に1000万円の保険金を奥さんが受け取って、1000万円で何ができるというのでしょうか?

仮に3000万円でも怪しいはず。

ただ金額を大きくすればするほど、その分保険料も増えるのでどこまで出せるかの兼ね合いもあります。

もし1億円必要でもさすがに1億円となると、保険料も恐ろしいほど上がってしまうので支払いが困難になりますしね。

ですので保険だけで以降の生活費を全て賄うのではなく、ある程度事業を継続できるように準備しておくとか、もしくは奥さんが少し働ければ、なんとか生活を維持できるようにしておくのもいいでしょう。

その月々必要な金額を算出して、子供が大きくなるまでなんとか持ち堪えられるような金額を設定しておくのが無難です。

参考 一人親方が加入すべき生命保険

医療保険

医療保険は医療を受けるための保険。

すなわち生きている間にもらうための保険です。

生命保険は残された遺族のために加入するものですが、医療保険は生きている間に加入して病気にかかった時に保障してくれるものです。

なぜ加入すべきかというと、三代疾病になってしまった時の医療費や、働けなくなった時の生活費などを補填するものです。

これはもし万が一、十分に働けなくなったとしても、どうにかなるように準備しておくべきですね。

ただしこれも必要な金額全部にかけていると、保険料は異常なほど急騰してしまうため、ほどほどにするしかありません。

工事保険

そして3つ目が工事保険。

工事現場でなにかをぶつけて壊してしまったり、故障させたなど、なにか賠償をしないといけないタイミングで、その賠償金を補填する保険です。

自動車保険でいうところの対人対物のところが、この工事保険にあたります。

ようするに自分のためではなく、人の怪我や人のもののために入る保険です。

これは建設業の一人親方さんは、ほとんど加入している保険ですね。

この保険に加入していなかれば、入れない現場もあるため、基本的には準備しておくといいでしょう。

そして内装工事や、どんな工事であっても人間の不注意というのはあるもので、しかも建設業の材料は、とても高額になる場合もあり、賠償命令が出ればクビが回らなくなるようなものもあるでしょう。

実際にそれが原因で廃業に追い込まれる一人親方さんもいらっしゃると聞きます。

保険料は業種と売上高によって決まるので、一人親方の場合はそこまで高い金額にはなりません。

必ず入っておくべき保険と言えるでしょう。

参考 一人親方の工事保険 現場での損害賠償の法律と賠償責任保険について

任意労災

任意労災はこのあと紹介する労災保険のさらに上乗せで加入する保険のこと。

労災保険というのは仕事中の怪我を保証するものですが、たとえ労災保険に加入していてもなかなか労災だけでは怪我の治療費は満額出たとしても、それが仕事中だと認められなければ、労災として認められないということも発生します。

ですから仕事以外の怪我も補償できる怪我の保険に加入しておきましょうというものです。

とはいえ、基本的には労災の加入をしていれば十分に補償されると考えておけばいいように思います。

ただし別の一人親方に仕事を依頼したり従業員を雇い始めたら、会社としての責任もあるため、訴えられないためにも必ず加入することをおすすめします。

労災の特別加入

労災の特別加入とは、国が準備している労災保険。仕事中の怪我に対する保険に加入できるというもの。

一人親方は基本的には労働者ではなく、個人事業主のため、労災には加入できないのですが、一人親方は実態として労働者と同じ環境で働いているため、特別に労災保険の加入を許されています。

ただし個人で加入できるのではなく、一人親方部会などの労災保険特別加入団体を通じて加入する方法をとる必要があります。

建設業の場合は怪我の恐れも多く、現在は大きな現場では労災に加入していない一人親方は仕事ができないことになっていますので、保険料等が一番安い給付日額3,500円からでもいいので加入しておくべきです。

ただ休業補償などに関しては、しっかりと実態に合った保険料を支払わなければ、希望するような金額がもらえなくなるので、しっかりと実態に沿った金額を一人親方部会に相談するようにしましょう。

参考 一人親方労災保険 特別加入制度

一人親方の保険を安く抑える方法

一人親方が加入すべき保険を紹介いたしました。

ただし盲目的にすべての保険に加入したところでお金がいくらあってもたりなくなります。

ですからここからは保険料を安く抑える方法をご紹介します。

具体的には

  • 種類を減らす
  • オンラインで申し込む
  • 法人で加入する

の3つの方法で保険料を抑えましょう。

種類を減らす

まず一つ目が加入する保険の量を減らすこと。

当たり前の節約法の1つですね。

生命保険は家族がいなければ入る必要はないのではないでしょうか?

結構独身でも生命保険加入する人がいますが全く意味ないと思います。

生命保険とはあなたが亡くなった時に、生活に困る人がいて、その人が普通に生活できるように準備をしておくものです。

ですからあなたが万が一亡くなった際に、金銭面でどうしても困ってしまう人がいなければ加入する必要はありません。

そして医療保険ですが、ある程度の蓄えがあれば必要ないでしょう。

なぜなら日本には高額療養費制度があって、年収によって変化はしますが、月間の医療費の上限が決められています。

ようするに結構重い病気であっても、蓄えが100万円程度あれば半年入院してても大丈夫だってことです。

もしそれ以上の重い病気になった場合も、日本には様々な補償制度があるので、絶対に露頭に迷うことはないし、こうなったとき保険に頼るよりは国に頼った方が良さそうです。

工事保険に関しては、建設業の方は確実に加入した方がいいいでしょう。

なぜなら工事保険に加入していなければ、大きな賠償には耐えられないし、万が一事故が起こってしまった場合は、破産をすることになりますが、おそらく破産をした場合は仕事がもらえなくなることは容易に予想ができますよね。

ここはケチる保険ではなく、建設業であれば補償を最低限にしてでも加入するべきです。

任意労災は、削ってもいいでしょう。社員がいる場合は別ですが、基本的には仕事中の怪我はほぼ労災保険でまかなえます。ただし仕事以外にも大きな怪我をすることのリスクはあるのですが、そこまで考えていたらいくらお金があっても足りません。

労災の特別加入は必ず加入しておきましょう。

なぜなら仕事中の怪我が全額保証され、それが原因で仕事を休んだ場合にも休業補償が出ます。そして保険料は安い。

建設業で数千円をケチって、労災加入していないという方は本当に損してるように思います。

オンラインで申し込む

2つ目の安くする方法がオンラインで申し込める保険はオンラインで申し込むこと。保険というのは営業さんから加入することが多い商品ですが、オンラインの保険も多数用意されています。

オンラインの保険がなぜ必要かというと、保険の営業さんは便利かもしれませんが、その分人件費がかかってることは個人事業主である一人親方さんならわかるはず。

ですからオンラインであれば、その手数料が必要なくなるので安くなるということですね。

オンラインで選べる保険とそうでない保険がありますが、オンラインが選べる場合はオンラインを選ぶようにしましょう。

ただしこの方法のデメリットは自分で勉強する必要が出るということです。

なぜなら保険の営業さんがいないので、適正な保険の範囲を判断するのが難しくなるから。ただ少し勉強すればググれば情報は出てくるので、ぜひ挑戦してみてください。

法人で保険加入する

最後に裏技に近い方法ですが、法人で保険に加入すれば、保険料は損金で計上できます。経費で支払えるってことです。

自動車保険はもちろんですが、生命保険や医療保険、任意労災や工事保険などもすべて保険料は損金で計上が可能。

ですから法人化するだけで保険面だけでもかなりの節約が可能になります。

まとめ

改めてになりますが、一人親方が加入すべき保険とは

  • 生命保険
  • 医療保険
  • 工事保険(賠償保険)
  • 任意労災
  • 労災の特別加入

の5種類です。

ただ保険料が高くなってしまうので、状況に合わせて安く節約する方法なども考えてみてください。

埼玉労災一人親方部会

一人親方の労災保険は埼玉労災へ→https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る