一人親方はクレジットカードをうまく使え

クレジットカード

一人親方はクレジットカードが作れるのか否か

そして一人親方として事業を行っていくのは、クレジットカードの使い方や作り方に注意点がいくつかあるので紹介します。

会社員時代にクレジットカードを作っておく

これから一人親方になるために進めておきたいのが、クレジットカードは独立をする前にたくさん作っておくこと。

独立をした瞬間と言うのは信用がゼロと言っても過言ではありません。ですからクレジットカードを作ろうと思っても作れないと言う期間は数年間続きます。

会社員時代はクレジットカードなんて作れて当たり前なのですが、独立した瞬間に全く作れなくなってしまいます。

そして安定収入がなくなった瞬間に、個人は信用がほぼゼロです。

ただし独立をしたとしても、それ以前に作ったクレジットカードは取り上げられることもありませんし、限度額が下がると言うこともありません。

ですから会社を辞める前にクレジットカードを作っておきましょう。

独立をしてからはクレジットカードを使う機会も増えます。

というのも、単純にお金を使う機会が増えるからですね。資材の購入材料の購入後の購入など、たくさんのところでクレジットカードを使う機会が増えてきます。

独立をしてから売り上げが上がったとしても、請求書を送り入金されるまでの期間があるため、できるだけ現金を使いたくないと言う思考が働くからです。

今月100万円の売り上げが上がったとしても、入金があるのは3ヶ月後の月末なんてこともあり得るわけですね。

という事は毎月100万円の売り上げが上がったとして材料費が毎月50万円だとすれば、3ヶ月後までに必要な材料費は1,500,000円。という事は結果的に現金が150万円足りないと言うことですね。

ですから、できるだけ支払いを遅くしたいと言う気持ちが働きます。その際に一番使い勝手が良いものがクレジットカードです。

一括払いであれば手数料もないので、簡単に1ヵ月から1ヵ月半の支払いを遅らせることができる。クレジットカードはこれ親方にとって生命線でもあると言うことです。

独立をする前にクレジットカードを作っておくことが必要不可欠です。

一人親方がクレジットカード作る時の注意点

では、これからクレジットカードを作る際に、注意点がありますので紹介をしていきます。

クレジットカードは一人親方になれば 作るのに、少し難易度が高くなってしまいますが作れない事はありません。

会社員時代のように適当に申込書を書いて、最低限わかればいいだろう程度で申し込みをすると、ほぼ審査に落ちると言うことになりかねません。

何に注意をすれば良いのかご説明していきます。

申込情報を正確に

まずクレジットカードの申し込みをする際、可能な限り正確に細かく情報を記入しましょう。

私も会社員時代も独立してからも、クレジットカードを作った経験がありますが、会社員時代は適当に必要の最低限だけ記入しておいてもクレジットカードは発行されました。

というのも会社自体に信用があるからです。あとはブラックリストに載っているか載っていないか、そして今まで延滞しているかしていないかが見られていて、細かい内容や名称についてはそこまで重要視されていませんでした。

というのも日本は正社員であればクビになる事はあまりなく、クレジットカード会社にとってリスクはかなり低いからです。

基本的に許容できる範囲のリスクなので、会社員時代は何かを間違えない限り、そしてブラックリストにでも載ってない限り、クレジットカードは発行されます。

ただ一人親方として個人事業主としてクレジットカードの申し込みをした場合、クレジットカード会社にとっては許容できないリスクがたくさんあります。

その分、審査についても、細かいところまで見られるような審査になっています。ここは調べるの面倒だからいいだろうとか、最低限だけ書いておけば細かいことを書かなくていいだろう、と言う感覚で申し込みをすると審査に落ちることになります。

しかも審査に一度落ちてしまうと、当分の間はそのクレジットカード会社でクレジットカードを作るのは難しくなってしまう。

何度でも挑戦できると言うわけではありません。

さらにクレジットカード会社は無数にあるように感じるかもしれませんが、実際はいくつかのクレジットカードの会社だけです。

ですから複数クレジットカード会社で審査に落ちた場合、当分クレジットカードは申し込めなくなってしまいます。

一人親方になりたての頃の信用はないと思ってください。

ですから必要な情報書くべきで、申込書は全て埋める位の気持ちで審査にのぞんだほうがいいでしょう。

何か必要事項を書けるのに書かなかった場合、何か隠したいことがあるのかと疑われ、本当なら審査通ったような場合でも、通らないことも考えられます。

基本的なことですが、クレジットカードを申し込みに当たってとても大切なので、慎重に申込書を記入するようにしてください。

同時申し込みを避ける

クレジットカードを申し込む際に気をつけておきたいことがもう一つあります。それは同時申し込みをしないこと。

というのもクレジットカードを同時にいくつも審査依頼をした場合、資金難だから、クレジットカードに急遽申し込みを乱発しているととられてしまったりします。そうなると審査は通りません。

基本的に審査の日程が間が短いと、クレジットカードが通らなくなってしまいます。

信用情報というものがあるのですが、信用情報には審査をおこなった形跡も掲載されています。

ですから基本的には1ヵ月以上クレジットカードの審査を開けるように、1つずつ申し込みをしていくと言う対策を取る必要もあるでしょう。

最初は審査の甘いクレジットカード会社を選ぶ

カード会社によって審査が厳しかったり、緩かったりします。今、一番審査が甘いのは楽天カードと言われています。楽天カードはテレビコマーシャルでガンガン宣伝していますが、とにかく会員数獲得に力を入れて審査が緩いと言われています。次に甘いのがライフカードです。多少、信用情報がブラックでも作れてしまうそうです。

一度、カードの審査が通ってクレジットカードを持つとクレジットヒストリーといって、カードの履歴が他のカード会社にも共有されます。きちんと利用代金の支払いをしていれば、他の審査が厳しめのクレジットカードもそのうち持てるようになります。

事業用クレジットカードの準備

一人親方がクレジットカードを使う上でお勧めしたい使い方があります。

それは事業用のクレジットカードとプライベート用のクレジットカードを完全に分けること。

なにがメリットかと言うと確定申告の際に、明細を分けなくて済むと言う事が。

年に1度、2月から3月にかけて、昨年度の確定申告を行うのですが、その時に事業用資金は経費として精算をして、税金を抑えることができます。

売り上げから事業に必要なものを買った経費を支払った場合に、その経費を支払った後の純粋な利益にのみ税金がかかると言う計算になっています。

ですから経費がいくらかかったのかを、1年単位で計算をする必要があるのですが、この時事業用の用途で使うクレジットカードと、プライベートの用途で使うクレジットカード。

これを混同して1つのクレジットカードで行っていると、わざわざ明細の中から事業用の支出なのか、プライベートの支出なのかが分からなくなってしまう。

最初からクレジットカード単位で分けていると、事業用のクレジットカードは全て経費として計算することができかなりの手間が省けます。

さらに税理士さんに確定申告をお願いする場合においても、クレジットカードの明細を提出すれば全て終わります。

ネット上の確定申告用のアプリを利用するとすれば、事業用のクレジットカードを登録をしておけば、自動的に経費として計上されていきます。ほとんどが自動で経費計算が終わるので確定申告の際に面倒なことが少なくなります。

このようにクレジットカード分けておくと、年に1度確定申告の際にかなり手間が省けるので、分けておくことをおすすめします。

限度額の確認

意外と盲点なのがクレジットカードの利用限度額。年会費無料のクレジットカードを選んでしまうと後で後悔することがあります。

年会費無料なので、お得!って感じで、つい申し込んでしまいますが、年会費無料会員の限度額はかなり低く設定されています。

普通100万円程度のことが多いようです。個人消費だけならともかく、事業にもカードを使うとなれば、資材の購入、高額な工具を買ったりするのですぐ枠が一杯になってしまいます。

たとえば利用限度額100万円の場合、月に100万円まで使用できると思われがちですが、そうではないのです。2ヶ月の決済の合計が100万円までとなっていて、実質月でいうと半分の50万円しか使えません。年会費を多少支払っても、ちょっと上のグレードのカードにした方が安全です。

まとめ

一人親方にとってクレジットカードを有効に使うかどうかはかなり仕事量を減らしたり、事業用資金をうまく回すために必要なスキルだといえます。

これを知ってるかどうかだけでも、銀行で借りるべき金額が変わってきますし、年に1度みんなが苦労している確定申告に関しても、涼しいお顔をしたままこなすことができるようになります。

そしてクレジットカードを作れない作れないと嘆くより、作れるような方法を知って有効に活用していきましょう。

一括払いであれば手数料は無料。これで借金をして利息を支払う金額を減らすことができます。

このようにして利益を少しでも増やしていけるように、クレジットカードについて知るようにしてください。

※関連記事 クレジットカードで労災保険料のお支払い

クレジットカードの紛失、変更

埼玉労災一人親方部会

一人親方労災保険のご加入は埼玉労災へ:https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る