測量業の一人親方の一人親方労災保険 そして年収や仕事内容は!?

測量工事

測量業の一人親方労災保険は埼玉労災におまかせください。多数の測量業の一人親方様に労災保険のご加入を戴いています。

測量業は一人親方にとって、どんな仕事なのか、その年収と年収アップ方法は?そして測量業の一人親方にとってのメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

測量業の一人親方ってどんな仕事?

測量業とは測量法に基づいて測量を行う業種のこと。

測量というと建設業とはあまり関係はなさそうに思うかもしれませんが、れっきとした建設業の1つ。

建築関連業として国土交通省で登録されています。

ですから労災保険の加入に関しても、普通の建設業と同じく特別加入が許されている業種です。

測量というのは、観測です。

ある地点からある地点までの距離や地形を図る、そして建物の高さや河川の水量や水深などを測定するといった地形を知るための計測のことを指します。

たまに望遠鏡みたいなものと、定規を立てに立てて持っている人を見たことがる人はいらっしゃると思いますが、あれが測量士の仕事です。

測量がなぜ必要なのかといいうと、地球は平らではありませんので、常に土地に起伏があります。

そのなかで建物を立てるには地形がどんな形をしているのか把握しておかないと、斜めに立ててしまったり(実際にはありえませんが)することも考えられます。

ですから前もって地形を知っておくために測量を行います。

測量業の仕事の種類

測量業というのは大きく分けて、2種類あって、民間と公共との2種類がある。

民間はその名の通り、大手ゼネコンなどの民間が主体となって、建設物をたてるために行う測量のこと。

そして公共の測量とは、国として地形を把握しておくためにやるものの2種類があります。

そして測量の方法はたくさんありまして

  • 三角測量
  • 多角測量
  • 三辺測量
  • GPS測量
  • 水準測量
  • 写真測量

これだけの測量法が分類されて存在します。

測量業の年収は?

測量業の平均年収は433万円。

建設業全体の平均と高めで、日本人の平均年収と同程度です。

あくまでも平均年収です。どんな工事を行えるかや地域によっても年収は変わるでしょう。

年齢による、会社にお勤めの平均月収を見てみると

  • 20代 23.4万円/月
  • 30代 35.6万円/月
  • 40代 45.6万円/月

という具合で、20代でも他の建設業に比べると高く、年齢によって月収はあがっていく傾向です。

測量業はできる技術や資格に大きく収入が変わります。

一人親方になった場合はもう少し高く、年収で800万円前後で、一人親方を卒業して職人を数人雇うようになれば年収1000万円も可能です。

測量業の一人親方が取得すると有利な資格

測量業における一人親方が取得するのは

  • 測量士
  • 施工管理技士の資格

の大きく分けて2種類があります。

測量士

まず測量といったらこの資格。測量士です。

測量士とは測量を行う技術的な専門職です。

外での実際の測量であるフィールドワークと、室内で行う解析計算までが仕事。

そのすべてに従事するのが測量士です。

測量士の資格をもっていなくても、仕事に従事することはできますが、現場に一人は測量士の免許を持っている人間を配置する義務が存在します。

受験資格は学歴によってかわるのですが、大学や短期大学と高校で、属領に関する科目を収めた後実務経験を経たもの。(試験は必要なし)大卒の場合は1年。高卒であれば3年の実務経験でやっと資格をとることができます。

他にも測量士補になるための教育を受けて、2年間の実務経験を積む。

この資格がなくても測量業の仕事を行うことは可能です。あくまでも技能を証明するための資格。

ただこの資格がなければ一人親方としてやっては行けないでしょう。

キャリアアップシステムによって、資格や経験が見られるようになりますので、仕事がもらえなくなる未来がくると予想されます。

一人親方にとって建設業キャリアアップシステム登録が必要な理由とは

施工管理技士

施工管理技士の資格は建設業の許可をとったり、大きい仕事(工事費用が1000万円以上)を請けるためには必要な資格です。

一人親方としては必ず必要なものではありませんが、独占資格ですので潰しが効きますし、会社に所属するにも有利。

さらに会社を大きくして企業として運営していくにも必要な資格。

年収にも大きく関わってくる資格と言えるでしょう。

測量業の場合は建築工事施工管理技士を取得することになります。

1級と2級があり、試験内容も違いますが注意すべきは受験資格で、特に1級はかなりの実務経験が必要になります。

http://www.fcip-shiken.jp/den1/

にも書いているのですが、非常にわかりにくいため、わかりやすくまとめました。

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合
    • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、
    • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験、
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験
    • 上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験
    • 二級建築士試験合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験
    • その他の者は14年以上の実務経験
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合
    • 高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6か月以上の実務経験
    • その他の者は13年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験
    • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験

・2級建築施工管理技士の受験資格

    • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
    • 大学の指定学科以外を卒業し、1年6か月以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験
    • その他の者は8年以上の実務経験
    • 職業能力開発促進法による技能検定に合格した者

1級と2級ともに学歴によって必要な実務経験が異なります。しかし学歴がなくとも、実務経験さえあれば取得できる資格です。

2級をとったあと、実務経験も積んでやっと1級を受験できますが、合格率は20%を切る難関資格であり、新しい資格ですので資格保有者も少ない。そして取得には条件も難しい。

ですから取得すれば、かなり有利になる資格と言えます。

測量工事

測量業で一人親方として働くメリット

測量業のメリットはライバルが少ないことです。

測量士の資格をとらなければ独立ができないので、参入障壁が高くライバルが少なくなります。

そのおかげで、長く続く取引が多いので、仕事も安定していると言えるでしょう。

測量業のデメリット

測量業のデメリットは学術的な所です。

大卒が大きな因子になっているのにも現れていますが、測量後に解析などをコンピュータをつかって行う必要があります。

苦手な人にとっては身体を動かしていたほうがいいと感じる人も少なくないでしょう。

測量業の労災事故事例

最後に測量業の事故事例を共有させていただきます。

測量作業中、後退してきた不整地運搬車にひかれて死亡

作業を開始した直後、Aは測量作業に必要な資材が不足していることに気づき、これを補充するため現場を離れた。そのとき、Aは、作業者Bに土砂の移動作業の準備を行うよう指示した。

Aから指示を受けたBは、当日は雨が降っていたので土砂の運搬はダンプトラックではなく不整地運搬車を使用した方が効率的に行えると考え、前日の作業で使用した不整地運搬車を隣の工区から後退(バック)で運転して現場工区まで進入させた。

このとき石拾いをしていた作業者Cが大きな声をあげ、B自身も不整地運搬車が何かに乗り上げたように感じたので、不整地運搬車を停止し、状況を確認したところ、作業者Dが倒れ、不整地運搬車にひかれていた。Dは直ちに救出され、病院に搬送されたが、死亡した。

この現場では、元請及び下請の作業者に対する安全衛生教育が十分には実施されておらず、工事の作業手順や作業方法を盛り込んだ作業計画書の内容は作業者に周知せず工事に着手していた。そのため、作業に必要な指示は、すべてAが現場で口頭で行っていた。

アースオーガーにより掘削した孔に転落

この災害は、道路の法面防護工事においてアースオーガーで掘削した孔に転落したものである。

当日、午前8時に現場で作業開始前のミーティングが行われ、午前中は2本の削孔を行うことになり、12時頃には、2本の削孔が終了したので、深さを確認するため、元請の担当者が測量機器を使用して計測していた。

一次下請けの作業者と被災者の二人は、その手伝いを行うことになり、一人はオーガーのスクリューにメジャーを沿わせ、被災者はスプレーで目印を付けていた。

元請の担当者が、計測を終えて付近を見ると、オーガーのスクリューのところにいた被災者の姿が見えないので、探したところ、約3m離れたところの掘削孔(深さ約15m)に転落していた。

測量業の一人親方のまとめ

測量業は他の業種と比べてライバルが少ない業種です。

資格を取得するにも専攻をした大学卒が非常に優遇されているし、取得も簡単ではないため、参入できる人がすくないという特徴があります。

ただし解析なども行うため、現場だけでなく学術的な仕事も必要。

苦手な人にはつらい仕事かもしれません。

一人親方として独立もしやすく、元請けにもなりやすいため年収を上げやすい職種です。

ただ体力的には大変な仕事でしょう。

ただでさえ鋼板を持ちますし、さらに炎天下でも寒い日でも外で作業をします。かなり大変な仕事である認識は必要です。

埼玉労災一人親方部会

 

一人親方の労災保険なら埼玉労災へ→https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る