徳島県で一人親方になるための手続きのすべて

会社から独立をして一人親方になるには、さまざまな手続きが必要です。

一人親方とは個人事業主の一種です。会社で働いていた場合には必要なかった手続きが、一人親方になるとたくさん必要です。
とはいっても、大変なのは最初だけ。

いったいどんな手続が必要で、徳島県ではいったいどこにいけばその手続きができるのかを説明していきます。

一人親方が税務署でやること

一人親方になったらまず行くべき場所は税務署です。

なぜなら開業届を提出しないといけないから。

正確には「個人事業の開廃業等届出書」というのですが、国税庁のホームページからダウンロードすることも出来ますし、税務署の窓口にも用意されています。

税務署に持参するものは以下の通り。

  • 本人確認書類(免許証orマイナンバーカード)
  • 印鑑

の2つがあれば問題ありません。

ちなみに開業届を提出する際には、屋号をつけることができます。

屋号はつけてもつけなくても良いのですが、屋号をつけるメリットがあります。それは屋号での銀行口座を作れることです。

個人の口座と事業の口座は分けていたほうが、なにかと便利です。例えば確定申告する際に、最新のアプリを利用すれば口座からデータを抜き取って、帳簿をつけることができます。

その時もし個人のお金のやりとりが口座履歴に混在していると、それらを手動で排除する操作が必要になってとても面倒です。

ですから最初からわけておくといいでしょう。そのために屋号を準備しておく必要があります。

そのほかに税務署で行うべきこと

開業届の提出以外にも税務署で行うべきことがいくつかあります。

何度も通うのは面倒なので、提出の必要がある場合は必ず開業届と同時に提出しておきましょう。

  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 青色事業専従者給与に関する届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請

以上の3つが税務署で提出ができます。

青色申告承認申請書とは、確定申告の種類を決めるもので青色申告を選ぶと、節税対策を行いやすくなります。もし青色申告でさらに家族に給料を出す場合(経費で出せるので節税になります)専従者給与に関する届出書も提出しておきましょう。

詳しくは

建設業一人親方の確定申告の方法!青色申告と白色申告の違いを解説!

を御覧ください。

そして源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請も出しておきましょう。源泉所得税という税金を年に何度か支払う義務があるのですが、何度も支払っていると手続きが大変です。

この手続を行っておけば、源泉徴収税の納付回数をへらすことが出来ます。金額は減りませんが、手続きがかなり楽になりますので必ず提出しておきましょう。

一人親方になったら自分で確定申告 所得税とは?抑える方法は?

徳島県の税務署

徳島県の税務署は以下の6ヶ所あります。

  • 阿南
  • 池田
  • 川島
  • 徳島
  • 鳴門
  • 脇町

住んでいる場所もしくは事務所の所在地によって、管轄の地域などがありますので、距離ではなく各管轄を確認した上で税務署まで出向くようにしてください。

詳しくは、国税庁のホームページの徳島県税務署所在地案内に掲載されています。

一人親方が市区町村の役所でやるべきこと

税務署の次に向かうのが市区町村の役所です。

ここでは以下の2つ書類を提出します。

  • 個人事業開始申告書
  • 国民健康保険

まず個人事業開始申告書は税務署での開業届と似ていますが、税務署では国税のために、役所では地方税の納税のために行います。

なお国民健康保険の手続きをしなければ病院で保険診療を受けることが出来ませんので必ず手続きを行うようにしてください。

一人親方が年金事務所でやるべきこと

次に必ず行くべき場所が年金事務所です。

会社員時代は厚生年金に加入しているのですが、一人親方になれば国民年金への切り替えが必要です。

切り替えをしないと将来年金がもらえなくなってしまうのでご注意ください。

一人親方は国民年金を支払って得をしよう

徳島県の年金事務所の所在地は以下の通り。

  • 阿波半田
  • 徳島
  • 徳島北
  • 徳島南

これもお住まいや事務所の所在で管轄が変わりますので必ず確認した上で向かっていただくようお願いいたします。

労災保険の特別加入

最後に加入するのが労災保険です。

実は労災保険は必須ではありません。

あくまでも一人親方の労災保険は任意です。ただ任意であっても一人親方には労災保険に入るべき理由が2つあります。

1つ目は仕事中の怪我の補償のため。

建設業の一人親方は、現場に出るのが当たりまえ。その中で怪我をする可能性も低くない。場合によっては後遺症が残って仕事ができなくなったり、数週間怪我で仕事でできなくなる可能性もあります。

そういった時の治療費や休業補償も労災保険に加入していれば出ます。一人親方は自分の生活は自分で守る必要がありますので、労災保険には加入しておきましょう。

2つ目は大きな現場に入るためです。

大手ゼネコンの公共工事などの場合、末端の職人まで社会保険が管理されています。グリーンサイトや安全書類といったものですね。

そういった現場では労災に入っていなければ現場に入れないことになっていて、せっかく来た仕事を断ることに成りかねません。

ですから仕事をいただくという点でも、労災保険への加入は必須です。

一人親方が労災保険に加入するためには、一人親方部会へ相談を。徳島県にお住まいの方は西日本労災一人親方部会に相談ください。

>>西日本労災一人親方部会の公式ページ

徳島県の一人親方

徳島県の人口は現在72.2万人で、全国と同じく減少傾向です。

徳島県はLEDや医療分野の製造業に重きを置いており、これから需要が増えていく産業です。

大阪からも比較的近く、製造業や人口の移動もあるようです。その結果、人口は少ないけれど、栄えている地方と言えるでしょう。

建設業での年収も四国の中では高いほうです。

ですから住宅のリフォームや新築はこれからもあり続けますし、インフラの公共事業も必ず存在します。

ですか愛媛県の建設業で働いていても将来が不安ということはないでしょう。

徳島県の一人親方の年収は全国平均より低い年収です。

国土交通省の出している公共工事労務費調査によると、日当あたりで全国平均が19,392円の所、徳島県は18,300円です。

これは年齢や経験、そして都会や郊外のすべて含めた数字です。

徳島県の労災事故事例

この工事は、2つの橋台と1つの橋脚で構成される橋梁を建設するものであるが、災害は橋台の型枠組立に付随する型枠の荷上げ作業中に発生した。

前日までに橋台の型枠7段目までのコンクリート打設が終了しており、災害発生当日は被災者の会社から世話役を含め9人の作業員、それにオペレーター付の移動式クレーン(25t)で朝から型枠の組立作業が行われ、午前中には8段目と9段目の鉄筋組立てと型枠の取付けが終了した。

午後は最後の10段目の型枠取り付け作業を行うことになり、被災者は地上で型枠の束の玉掛けをして足場に昇り、移動式クレーンの運転士に合図をして荷の取込み、玉外しを行っていた。

型枠6枚を束にして吊り上げたところ、風で荷振れしたので、再度地上に降り、6枚束を2組にして玉掛けをしたのち足場(高さ約13m)に昇り合図して吊り上げたところ、型枠で被災者の姿が運転士の視界から一瞬消えたときに足場上から転落し、肺挫傷、大腿骨骨折などにより同日中に死亡した。

まとめ

一人親方になれば、

  • 税務署
  • 年金事務所
  • 各市町村役場

にて手続きを行う必要があります。忘れずに行うようにしましょう。

徳島県は製造業が盛んで、新しい分野の工場の建設需要が盛んです。そして大阪からの距離も近く年収も高い。

それらに携わる人たちの住宅への需要で建設業が必要です。これからも大きな特需はありませんが、安定して建設業の一人親方の需要がある地域なので安心です。

そして労災保険への加入は任意ですので忘れがちです。自分の怪我の備えは自分で準備しなければいけません。必ず加入しておくようにしましょう。
>>西日本労災一人親方部会の公式ページ

ページトップへ戻る