土建国保から建設国保に乗り換えたい人からの相談

お問い合わせ

土建等の組合に加入し、その国保組合に加入されている方から相談のメールを戴きました。同様の事例でお悩みの方は多いように思われます。

労働組合を母体としている団体に加入していると、組合員として様々な労働組合運動に参加することを求められます。一人親方労災保険や国保組合に加入したいだけの人には煩わしいことが多いようです。

そこでいただいたメールの内容と回答を掲載します。同じ悩みを持っている方に参考にしていただけたらと思います。

土建国保から建設国保に切り替えたい

現在、夫が「〇〇土建」という団体経由で国保を納入しています。

(今メールをしているのは妻です。登録メールアドレスも保険含めた家計管理をしている妻です。)

現在加入のこの組合、毎月組合費は現金納入、さらにPTAのような会計係などを班内で選出するなど、一人で事業を行っている上で、大変わずらわしい手続きが多いため、5月までの加入(ここまでは国保は引き落とし、組合費は現金にて納入済です)を最後に、加入保険を見直すことにしました。

早速似たような団体の「建設〇〇」という所に資料請求などしたところ、その翌週に「青年部」を名乗る方が自宅を訪問してくる等、やはり大変煩わしいと感じる出来事がありました。

正直、国保は義務ですので納めるのは当たり前ですが、国民健康保険ですと相当高額になってしまい、そのために加入した建設業専門保険ですが(夫は塗装業をしています。)、「現金で組合費納入」「PTAのような係を強制的にやってほしいと依頼が来る」「青年部で活動しませんか」「主婦の会で親善旅行しませんか」等、はっきりいってどれも煩わしい・・というより、一人で現場対応している夫も、フルタイムで仕事をする私も、まったく対応することはできません。

配偶者の私(妻)は、独立して社会保険に加入しており、息子も私の扶養に入っているため、国保の支払い方法を考えなければいけないのは、一人親方である夫のみです。

建設国保さんでは、保険料などの支払い方法などはどうなっていますでしょうか?
第一は、国保料及び組合費的なものが「すべて引き落としで完結」する見直しなのです。
ページで保険料を計算したところ、D区分+一人親方で¥20400(月)でした。(家族加入はゼロ)この金額だと仮定して、ほかに必要な経費(組合費)等はあるのでしょうか?

お手数ですが、仮に6月1日から加入をする場合、どのタイミングで手続きをしたら良いのか、可能であればメールでご連絡いただきたいと思います。

※参考記事 一人親方労災保険 土建をやめたい

ご相談への回答

お問い合わせありがとうございます。一人親方様、職人様、そして、その配偶者、ご家族の方から同様のお問い合わせを多数戴きます。

先日も、母親様を介護している一人親方様から、仕事と母の介護しているのに、集会に参加することを強要されてお困りの方が、ご相談に見えました。

私どもの団体は、労働組合ではなく、同業者団体であり、政治的な活動や運動は一切しておりません。また、集会や手集金みたいな、一人親方様にご負担をかけるようなことも一切行っていません。

さて、埼玉労災一人親方部会では、労災保険の団体である埼玉労災一人親方部会を母体として建設国保の支部を組織、運営しています。

したがって、埼玉労災一人親方部会で一人親方労災保険にまずご加入いただくことが、建設国保加入の前提になります。

埼玉労災一人親方部会については下記をご覧ください。

https://www.saitama631.com/

埼玉労災一人親方部会では、労災保険加入者に対する会員サービスとして国保組合支部を運営し、その運営費を埼玉労災の会費でまかなっています。

したがって、労災保険ご加入者には、別途組合費不要保険料のみで建設国保にご加入できます。

埼玉労災一人親方部会の会員様が、建設国保に加入される場合は、予め次に記載する資料を準備していただきます。

① 一世帯全部の住民票(必ず個人番号を記載してください)

② 直近の確定申告書控え B票と2枚目のコピー

③ 現在お使いの健康保険証のコピー、家族全員分

④ 保険料を引き落とす口座の準備と届出印鑑の確認

以上が揃いましたら、埼玉労災一人親方部会までご連絡ください。建設国保の加入申込セットを郵送致します。

毎月20日がお申し込みの締日です。

毎月20日までに、当会までに建設国保加入のお申し込み書一式が届けば、加入審査を経て、原則、翌月1日から建設国保にご加入する事が出来ます。

※参考記事 一人親方が土建組合に加入するデメリットとは

埼玉労災一人親方部会

建設国保の加入は、まず一人親方労災保険のご加入から:https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る