職人の転職はどうしたらいい?

心機一転

職人が転職をする際、どんな選択肢があるのでしょうか

選択肢は2つ用意されていて、どこかの会社に雇われるか、もしくは一人親方として独立するかです。

もしくは職人をやめて、一般職で働くのもアリですね。

それぞれの方法について解説していきます。

転職する時の方法

職人が転職する際には方法はいくつかあります。

具体的には

  • ハローワーク
  • コネ
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

の4種類の方法があります。

ハローワーク

ハローワーク

職人さんの場合は一般的にハローワークで仕事を探すことが多いと思うのですが、実はハローワークにはデメリットもあります。

それはハローワークでは、人にお金を支払うつもりが少ない求人が多いということ。

なぜならハローワークは無料だからですね。

無料が悪いわけではないのですが、求人というのは会社の行末を考える上でとても大事なことです。

そこにお金を支払えない企業は、おそらく給料も安いはずなんですよね。

しかもハローワークより、今は求人サイトなどで探す人は多い。それなのに無料で開催している会社も多く、ほとんど応募はないはず。

ということは、人を大切にしない会社である可能性が低くはないということです。

コネ

意外にお勧めできるのがコネ入社です。

友人のツテを辿ったり、もしくは過去に一緒に働いていた先輩を追って転職をすること。

なぜおすすめかというと、転職後にどんな状況で働くのかが明確にわかるからです。

すでに働いている友人がいるのならどんな状態か、親方はどんな人か。残業はどうかなどを聞くことができます。

これはほかの方法でも質問などで知ることもできますが、リアルまで聞くのは難しい。

これはコネ入社のいいところですね。

転職サイト

次の選択肢は転職サイトです。

転職サイトのいいところはお金をもっている会社に入社できるというところ。

というのも転職サイトは高いのでお金を持っていない会社では載せられません。

そしてお金を出してまで人が必要だということは、仕事がたくさんあって安定している証拠だとも言えます。

ただしデメリットもある。

それはすぐに人が辞めていく会社である、可能性をひめてるということ。

なぜならお金をかけてまで人を採用しないといけない場合、仕事がキツくて長続きしないから雇っているという可能性もあるからです。

ここに関しては実際に面接に行った際などに、すでに働いている人が楽しそうに働いているかを確認しておきましょう。

独立して一人親方になる

職人が転職する時に選べる選択肢として、独立をして一人親方になるという方法があります。

ただ基本的に一人親方になる際は、元いた会社から仕事をある程度もらえることが、最低条件になってくる。

もしくは最低でも数ヶ月間は生活できる仕事をもらえる必要があります。どこか知り合いのツテだったり、仕事をもらえるルートは確保しておいた方がいいでしょう。

もしツテはないけれどは、一人親方に挑戦したい場合はマッチングサイトを利用するという手もあります。

【職人マッチン参考記事】

一人親方の仕事探し 職人マッチングはつかえるのか?徹底解説!

一人親方のメリット

一人親方になるメリットは、収入があがること。

そして、自分の裁量で仕事量を決められることです。

まず個人事業主になるので、収入があがります。もちろん年金などは無くなるので、そこから社会保障を自分で準備する必要はありますが、同じ仕事量でも確実に使えるお金の量は増えます。

さらに様々なものが経費計上できるので、所得税も抑えられるため、自動車を購入したりすると、会社員のころよりお金があまるようになる。

そして仕事をする人しない日を、自分の裁量で決められるようになるため、休日も自由に決められる。もし子供の行事があったとしても確実に仕事をことわることも可能です。

するかどうかは別ですが。

このように一人親方のメリットはとても大きいと思います。

一人親方のデメリット

それに対し、一人親方にはデメリットもあります。

一番大きいデメリットは仕事がなくなると、生活ができないということ。

というのも会社に所属していれば、仕事がなくても給料がもらえますが、一人親方の場合は仕事がなければ食っていけません。仕事がなくてい暇な時期を作らないためにも営業は必要ですし、現場に立つ以外の努力も必要になります。

一人親方になるには

一人親方になるのはとても簡単。

独立をするので仕事をくださいと営業にまわるだけです。

仕事を貰えば一人前。

そのために請求書を書いたり、領収書や契約書の管理も必要になりますが、そこは一人親方の先輩に質問して見るのがいいでしょう。

もし迷うなら、一人親方部会で質問してみるのもひとつの方法です。

そして一人親方になると労災保険もなくなってしまうので、労災保険は特別加入という形で加入することになります。

これも一人親方部会で加入することができますので、相談をおすすめいたします。

職人をやめて一般職に就く

職人をやめるというのも、ひとつの方法ですね。

一番いいのは現場での経験を生かしつつ、資格を取得してゼネコンに入社するのもおすすめです。

要するに現場監督をするという方法で。

施工管理技士の資格を取れば、転職市場でかなり貴重に扱われるので、おすすめです。

ただ建設業界を離れたいという場合もあるので、その場合は求人サイトで未経験歓迎の仕事を見つけて応募しましょう。

おそらく簡単ではありませんが、可能性は十分にあります。

まとめ

職人が転職する際は、転職サイトを利用するのがおすすめでしょう。

そこで見つからない場合は、コネを使ったり、ハローワークもいいですが、基本的に職人を大事にしている会社を選ぶことを忘れないでください。

埼玉労災一人親方部会

一人親方労災保険のご加入は埼玉労災へ:https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る