一人親方が単価をあげるためにできること

単価の積み上げ

一人親方は単価によって大きく年収が変わってきます。

例えば日当で1000円違うだけで、年間で30万円も年収が変わる。

でも単価を上げるにはどうしたらいいかわからない人って多いと思います。

ですから今回は単価を上げたい人のために、この記事を書きました。

一人親方の単価の平均

まずは一人親方の単価って実際どのくらいなのかについてみていきましょう。

公共事業の一人親方の単価は、職種と地域によって決まってきます。同じ東京都内でもこのように単価は変わってきます。

溶接工・・・28,700円
防水工・・・28,400円
塗装工・・・26,800円
板金工・・・26,400円
左官工・・・26,200円
内装工・・・26,200円
鉄筋工・・・26,100円
とび工・・・25,900円
石工・・・25,800円
型枠工・・・24,700円
鉄骨工・・・24,400円
サッシ工・・・24,300円
大工・・・24,300円
ブロック工・・・23,900円
はつり工・・・23,800円
電工・・・23,700円
ガラス工・・・23,600円
配管工・・・20,900円
ダクト工・・・20,700円

平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価について

からん抜粋ですが、これもまた地域別にみると、驚くほど単価は変わります。

例えば、東京都で28700円の単価であった、溶接工でも1番安い島根県では19800円という金額になっており、9000円ほどの差が組まれています。

同じ仕事をしてもこれだけ単価は変わってくるんですね。

もちろん地域によって生活費が全く違うので、それが反映されているという理由です。

職種や活動する地域を選ぶ

まず単価を上げる方法として、職種や活動する地域を変えるという方法があります。

全く同じ仕事だったとしても、地域を変えることで単価はあげられます。

九州にお住まいの一人親方が突然東京で仕事をもらう事は難しいですが、北関東にいらっしゃる人が、東京都の仕事を取りに行くのは不可能ではありません。

もちろんその場合は新規開拓するための営業なども必要不可欠ですし、簡単ではありませんが少しの移動と営業でできます。

もう1つの収入を上げる方法として、職種を変えることです。

もちろん全く違う分野の職種に転職することはできないと思いますが、似たような分野であれば仕事上手伝いをしたりすることでもう既に持っている技術で転職できる職種はあるはずです。

ですからその職種の方が単価が高いのであればその職種の仕事も徐々にとりながら単価を上げていくと言う方法もあります。

もしくは大幅に収入をあげたいのであれば、完全に別職種の仕事を取りに行くのも良いでしょう。

これから独立をしたい若手などを雇いその若手を使いながら自分もその仕事に従事する。そうすることで職種間の収入の差を埋めることができます。

以上が直接的に年収を上げる方法です。

この方法は確実に年収をあげられますが、限界がある。そこで、積み重ねていくことで、通常では到達できない単価の上げ方を紹介します。

仕事を選んで単価をあげる

その方法とは仕事を選んで単価を上げていくと言う方法です。

単価を上げたければ、高い単価の仕事だけ請ければいいのです。とはいっても単価が高い仕事なんて無理じゃないですか。

評価と一口に言っても単純に上げれるものではありません。どうやって上げていくかを考えてみましょう。

具体的な行動に表れる部分でお話をします。

まず仕事がなくてみんなが暇な時期。この場合は仕事が少なくても依頼が来るようになります。

これを言い換えると「選ばれる」と言うことです。

そして忙しい時期で人手が足りない時期はどうなるでしょうか。同じ日に何件も仕事の依頼が殺到するので、「仕事を選ぶと」言う状況になります。

仕事を選べるようになれば、「うちは〇〇円出すから来てくれ」となり、あなたがその中から単価だけでなく付き合いなどから選んでいくことになるでしょう。

そうなったときに初めてあなたは自信をもって単価を上げて請求できるようになるし、単価が高い仕事を選べるようになる。

ですから単価を上げるには、選ばれる業者になればいうということです。

評価を上げていくことで仕事が殺到する

たくさんの業者からあなたを選ぶメリットはあるでしょうか。

  • 資格
  • 経験
  • 人付き合い

などがあなたに依頼する理由です。ただしこれはあなたのことを知っている客先のお話。

これはあなたが失敗をしない限り、続いていくでしょう。

もちろん既存の客先を手放さないことも大切です。たださらにやっていくべきことがあって、それは新規開拓。

これにはコツがあって、簡単に言えば恩を売ること。いくつか具体的な施策をあげると、クソ忙しい時に新規顧客をどんどん開拓していくことです。

忙しいときほど、安い仕事でも請けるようにすれば、新しい顧客との接点ができる。その接点を大切にして、単価以上の仕事をこなす。

そして得したなと思ってもらう。

忙しいときには、仕事を断れる余裕があるので、単価が高い仕事を選びたくなりますが、忙しい時ほど我慢して、すこし無理してでも仕事を受けておくべきです。

そうすることで、たくさんの場所に恩を得ることができて、結果として、「あの時助けてくれた〇〇さんに依頼するか」と暇な時期でもあなたのもとに仕事が殺到するようになります。

こうなったときに初めて高い単価の仕事を選べばいいのです。

ほとんどの人が、景気のいいときに稼ぎ、景気の悪いときに恩を売ろうとする。でも景気の悪いときにはみんなが恩を押し売りしてくるので、あまり効果はありません。

ですから景気の良いときはあまり稼がず、景気の悪いときに稼ぐようにすれば、評価がたまりやすくなるのです。

新規顧客の開拓方法

新規顧客をたくさん持ち、評価を得て、高い仕事を選ぶ。これが単価をあげるコツですが、新規顧客は多いに越したことはありません。

まずは営業でしょう。会合や業界の会食などで顔を売るようにしておく。

でもやっぱり面倒ですし、媚びを売り続けるのが苦手な人もいるでしょう。そういう人にはデジタルの営業を使うことをお勧めします。

マッチングサイトで評価を上げていく

まず紹介するのはマッチングサイト。

マッチングサイトとは施主と職人を繋ぐサイトです。

工事をして欲しい人が仕事を登録してくれるので、そこに提案をして仕事を請けるというシステム。

詳しくは一人親方の仕事探し 職人マッチングはつかえるのか?徹底解説!で紹介していますので興味のあるかたはご覧になってください。

このマッチングサイトと言うのは評価を止めていくことができます。

食べログとかアマゾン等の評価をを想像していただけると分かりやすいと思いますが、サイト内でマッチングをして工事を受けた場合に、摂取が職人を評価します。

ヤフオク等と同じようなシステムで職人側の摂取を評価します。

そして評価が数字件数100件と溜まっていき評価が良い職人さんには仕事が集まりますし評価が悪い職人さんには仕事が来なくなるでしょう。

ここでたくさんの新規顧客を開拓することによって、仕事を選べるようになります。

こういったデジタルのやり取りは建設業には苦手な人が多いので、できるだけ早く挑戦をしてお客様を先取りしておけば先行者利益も取れるでしょう。

 

建設業キャリアアップシステム

もう一つ紹介したのは建設業キャリアアップシステムです。

一人親方にとって建設業キャリアアップシステム登録が必要な理由とは

にも書きましたが、一人親方にとって印刷業キャリアアップシステムに通するか否かで将来はかなり大きく違ってくるでしょう。

このサイトにはあなたの職種や資格さらに現場に入った履歴を残し音ができます。

過去にどんな企業のどんな工事をどれだけ受けたか。が可視化されるので、ここで過去に履歴を見当たらなければ、新規の取引をしたくなくなる企業も出てくるでしょう。

しかもこれは公的なデータですので、公共事業では必須のデータですし、現場の履歴は積み重ねていけるので早く始めた人とそうでない人で大きな差が生まれます。

 

例えば過去に同じ工事を300件請けている人と、1件しか請けていない人がいたらどちらに依頼したいでしょうか?間違いなく300件請けている人に頼みたいですよね。

この建築業キャリアアップシステムはまだ2019年にはじまったばかりのシステムなので、早く始めておけば利益はとても大きいでしょう。

デジタルの評価は口コミと同じ

おそらくまだデジタルの評価をそこまで信じている人は少ないかもしれません。

実際にあったリアルの知り合いから入れたら口コミには勝てない。こう思ってる人が多いからだと思います。

ただデジタルの評価と口コミは同じだと思ってください。

忙しい時期に誰かに仕事を振らなければいけない。このような状況になった時基本的には新規の一人親方に仕事を依頼します。

その時に利用するのは口コミだと思いますが、これが誰かに聞いて回らなくても、スマホで検索をすれば出てくるのであれば、わざわざ人に聞かなくてもスマホで済ませる人は多くなるでしょう。

現在の40代以上はそんなことないかもしれませんが、30代や現20代が権限を持ち始めたら一気にその決定権はデジタルに移行していきます。

そのときは、もうデジタルが普通だからです。

もちろんこれからも信頼できる人の口コミが最重要であり、評価を得られるのはリアルの声が正確ですが、そこまで重要な仕事ではない場合は、スマホでパパッと依頼されることも増えていきます。

単価をあげていくには、間違いなくデジタルの評価を溜めておいた方がいいでしょう。

口コミとデジタルの評価で仕事を選べば単価が上がる

一人親方の単価の上げ方についてお話ししました。

一言で言えば、仕事を選べるようになることで単価は上がります。

具体的には

  • 景気の良いときに営業する
  • 景気の悪いときに回収する
  • 価格以上の仕事をして得したと思わせる
  • アナログとデジタルの評価を溜めていく

などの行動を積み重ねていけば、年単位で単価は上がっていくでしょう。

短期的には職種を変えるか、地域を変えることで単価を上げることもできます。

 

埼玉労災一人親方部会

一人親方労災保険のご加入の相談は埼玉労災へ:https://www.saitama631.com/

ページトップへ戻る